E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 数学の成績が伸びない受験生必読!数学の勉強法チェック

数学の成績が伸びない受験生必読!数学の勉強法チェック

数学の成績に伸び悩む受験生が劇的に成績を伸ばすための必要事項を紹介します。

インプット・アウトプット、計算力、速度、記述力や判断力といった力をどう伸ばすか、今の自分のやり方に問題点があればすぐに改善しましょう!

数学の参考書ルート、基本勉強法はこちら

インプット編

使える知識を増やそう

数学は公式を暗記さえすれば成績が上がるという考え方は間違いです。答えを丸暗記しても、全く同じ問題が出ることは滅多にありませんよね。

公式を暗記することは絶対に必要なのですが、どうすれば成績が上がるようになるのでしょう。

インプットの勉強をする中で、ただ解法を暗記し、再現するのはNG。与えられた条件と求めるべき答えが何かを確認し、なぜその解法を利用すればいいのかを理解する必要があります。

使えない知識を増やすのではなく、知識を生かせるような勉強を心がけましょう。

同じミスを繰り返さないための方法

問題を解いて、間違えた箇所を何も考えずに消しゴムで消したり、答えを赤ペンで丸写ししたままにしていませんか?

消したり、写したりして成績が上がるはずないですよね?

「なぜ間違えたのか」をしっかり確認し、どこで自分がミスを犯しやすいのかを把握することが大事です。

事故が起きやすい曲がり角で慎重になるのと同じです。

普段から「なぜ」「どのようにして」間違えたのか、気を配り、覚えておくことで未然に防ぐことができるようになります。

(インプットの段階で)一問に対して長時間かけるのはいいこと?

数学は他の教科と比べると問題を解くためにかかる時間が長くなり、参考書をこなすペースが上がらないという受験生は多いはず。

一問一問、時間をかけることは大事だが、そもそも必要な解法を覚えていないのに時間をかけていたとしたら…時間の無駄ですよね。

インプットは、解法を覚えることが目的なので、解けない問題はまず解答を確認し、「最終的に」解けるようになることを重視しましょう。

アウトプット編

インプットの勉強法になっていませんか?

アウトプットの勉強をしているのに、答えをすぐに確認するのは逆効果です。

アウトプットは今までに得た知識(インプット)の使い方を覚える作業なので、与えられた条件と求められている答えが何かを理解し、その過程を埋めていくことを自分の頭で考えることを心がけましょう。

自力で解くことにこだわり過ぎない

アウトプットでは自分の頭で考えることが大事ですが、その問題に必要な解法が身についていないこともあります。

インプット用の参考書を完璧にしたからといって、世の中のすべての問題が解けるわけではないのです。

問題によってはアウトプットの参考書であっても、解法を覚えることをしていきましょう。

計算力・速度編

基本ルートの参考書を一通りこなせば、センター試験の問題や過去問に取り組むことになりますが、本番では時間内に出来る問題をすべて解答しなくてはなりません。

特に私大医学部では問題数の多い傾向にありますので、計算力や速度が足りないというのは致命的です。

センター試験の問題や過去問を解く際に時間を計り、時間が全然足らない、ミスが非常に多い場合は計算問題集を購入しましょう。

毎日決めた時間の中でどれだけ正確に問題をこなせるか、自分にプレッシャーをかけながらもミスをしない練習をすることが必要です。

記述力・判断力編

入試本番で、時間内に自分が取れる最高の得点を取りたいですよね。

解けない問題に時間を使いすぎたり、答えは合っているのに記述の書き方が良くないために点数が取れないなんて事態は避けなければなりません。

記述形式の問題では、どこで加点されるか、どこで減点されるのかを学ぶ必要があります。

過去問や模試の問題を解く段階では時間制限を決めてその中で1点でも多く点数を取ることを意識しましょう。

解けなさそうな問題を後回しにし、試験終了直前でひらめいて最後に滑り込みセーフ、という話はよくあります。

出題された順番通りに解くのではなく、得点しやすい問題から解いていきましょう。

こちらもおすすめ

タグ

医学部 無料受験相談

PAGETOP