E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 旭川医科大学医学部 受験対策・勉強法

旭川医科大学医学部 受験対策・勉強法

旭川医科大学に合格したい受験生必見!旭川医科大学合格に必要な受験対策、勉強法についてご紹介。入試問題の傾向と対策から「いつまでになにをどのように」勉強すればいいかまで、武田塾メディカルが全公開!

 

英語

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
「ハチの生態・受粉活動と自然環境への貢献」についての説明文 科学系(900字程度) 記述
「心理学者エドウィン・ボーリングが提唱した舌の部位による味覚識別の正当性」をめぐる説明文 科学系(1000字程度) 記述
「病院に併設するレストラン」についての自由英作文 英作文 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
犬の「美徳、利他主義、恥の進化」に関する長文問題 科学系(約1200語) 記述
「根性、好奇心、性格の隠された力」に関する長文問題 医療系(約900語) 選択・記述
「若者と読書」に関する自由英作文 英作文 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
「人は内集団を好む」についての長文問題 社会系(約1000語) 記述
「利害が絡むと人は変わる」についての長文問題 人文系(約900語) 選択・記述
「ボランティア活動と奨学金」についての自由英作文 英作文 記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
論説文「肥満の法則(女性ホルモンとの関連性)」について約1000語の長文問題 読解 記述
エッセイ「時は人を変える」について約1000語の長文問題 読解 選択・記述
「20歳以上の大学生は文化祭の時、学内での飲酒が許されるべきか。」についての自由英作文 英作文 記述

傾向と対策

大問数は3題で、長文2つと自由英作文が1題出題されます。試験時間は90分で、読む文章量、書く文章量ともに多いので、時間が足りなくなることがあります。対策をする際にはスピードを意識してください。長文は医療ではない分野の英文も多く出題されます。人文系や社会系、科学系など、いろいろな文章を読み慣れておきましょう。自由英作文は語数の指定はありませんが、150~200語くらい書くと良いです。

数学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
定積分の性質と無限級数 積分法、極限 記述
三角形の内心・傍心、三角形の面積 図形と計量、図形の性質 記述
関数の増減・軌跡・最大・最少 微分法の応用 記述
袋から指名された玉を取り出す確率 場合の数と確率 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
3 次式の因数分解、不定方程式 高次方程式 記述
関数の極限 極限、微分法 記述
接線・法線、関数の増減、最大・最小 微分法の応用 記述
四面体の高さ、体積 空間ベクトル 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
曲線とその接線で囲まれた面積 積分法 記述・描図
関数の極限 極限 記述
ベクトルで表された領域 ベクトル 記述
確率漸化式 確率 記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
条件を満たす自然数の組 集合と論理 記述
双曲線と座標 式と曲線 記述
曲線で囲まれた面積、無限級数 積分法・極限 記述
関数のグラフ、接線、極限 微分法 記述・描図

傾向と対策

大問数は4題で、すべて記述式です。微分積分は頻出で、例年4題中2題が微分積分から出題されています。それ以外は、整数、極限、無限級数の範囲からの出題が多いです。計算量が多いので、速く正確に計算できるよう計算力をつけておきましょう。問題を演習する時は、いつも最後まで計算するようにしてください。大問1題あたり3つくらいの設問があります。試験中には前半の設問で部分点を稼ぐことも大切です。

物理

実施しない

化学

実施しない

生物

実施しない

小論文

実施しない

面接

2016年度

形式:集団討論
時間:20分

会場の配置
面接官:3名、受験生:5~6名

質問内容
・面接室で、紙に書かれた課題テーマについて1分間考え、自由に討論する。 テーマは「大学に求めること、入学後どのように大学に貢献できるか」等。

2015年度

形式:集団討論
時間:20~25分

会場の配置
面接官:3名、受験生:5~6名

質問内容
・電車のすべての席が優先席であるべきとして、既存の優先席を廃止することについて

その他
面接室で、紙に書かれた課題テーマについて1分間考え、25分間自由に討論する。

2014年度

形式:集団討論
時間:20~25分

会場の配置
面接官:3名、受験生:5~6名

質問内容
・SNSの普及と人間関係の希薄化について
・老いと死について

その他
面接室で、紙に書かれた課題テーマについて1分間考え、25分間自由に討論する。

2013年度

形式:集団討論
時間:25分

会場の配置
面接官:3名、受験生:5~6名

質問内容
・文系と理系とを区別する利点と弊害
・コミュニケーション能力とはどういうものか、またどう高めたらいいか

その他
面接室で、紙に書かれた課題テーマについて1分間考え、25分間自由に討論する。

医学部 無料受験相談

PAGETOP