E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 英文解釈(構文)・長文読解の対策・勉強法

英文解釈(構文)・長文読解の対策・勉強法

英文解釈(構文)の勉強法

英文解釈ができれば長文読解の難易度はぐっと下がる

英文解釈は基礎知識の集大成であり、長文読解に入るための最終準備です。

英文解釈の参考書の目標は「文構造などを正確に把握し、直訳できる」こと。

なんとなく訳(意訳)していると、一見正解に思えるような解答でも減点されたり、意味がずれている解答になりがちです。

ある程度のレベルまでは単語の意味をつなげて訳せてしまいますが、問題が難しくなれば圧倒的な差がつくので英文解釈の練習を確実にこなしてください。

英文の読み方のルールをしっかり覚え、減点のされない訳ができることを心がけましょう。

基礎知識が不足しているなら復習をしよう

英文解釈のためには単語、熟語、文法の基礎知識が必須です。これができていない状態で英文解釈の学習をしても、ただの暗記となり、効果がありません。

知識不足の場合は英文解釈の問題集をこなしながら基礎の参考書の復習を行いましょう。

なぜそうなるか説明できるかが重要

SVOC等の構文を振ったり、訳す際に、なぜそうなるのかを説明できるように練習をしておきましょう。

例文暗記をするのでは全く力がつかず、難しい文章に出会った時に歯が立たないということになります。また、解釈の練習をしていない受験生は空欄補充問題が苦手だったりします。

直訳できればOK

自分の訳が解答の訳と違いすぎて悩んだことはありませんか?

英文解釈の参考書は長文から一部切り取っているため、周りの文章がないと訳が一致しないことはよくあります。意訳と一致しないと気になる気持ちはわかりますが、訳を覚えても仕方がないですよね。

構文をしっかり理解し、直訳した解答は意訳と一致することはほぼありませんが、入試では正解として認められますので心配する必要はありません。

長文の勉強法

長文の問題を解くためには「読む」「解く」「時間内に終わらせる」の3つが必要です。

単語や文法を暗記し、英文解釈ができるようになれば「読む」ことはできるようになります。もし、読めないのであれば単語、熟語、文法、英文解釈などの基礎知識をやり直してください。

「読む」ことができれば、選択肢問題や採点基準を満たした記述の答案作成の練習を行いましょう。確実に正解できるようにしてください。

確実に正解できれば、「時間内に終わらせる」練習が必要です。シャドーイングや速読練習、過去に解いたことのある問題を繰り返し、スピードアップを図りましょう。

また、長文を解いた際に覚えていなかった単語や熟語などは確実に覚えるようにしてください。

解答に必要な部分を正確に読み取ろう

「なんとなく読めている」と思っている受験生にほぼ当てはまること、それは「正解に重要な部分を読み間違える、読めないことが多い」です。

要するに、解答をするために必要な部分を正しく理解できない、直接関連のない部分だけで読めていると思っているのです。

まず、長文は正確に読み切ることを意識しましょう。直前期になってくれば、問題文を全て読まなくても解答できるといったテクニックを磨くのはいいですが、あくまで基礎が大事です。

解答の理由を説明できるようにしよう

訳せれば長文読解の問題を正解できると思っていませんか?もしそうなら、現代文は全員満点が取れるはずです。

英文が読めたとしても、正解できるようになるために必要なことは

・解答の根拠づけ
・他の選択肢だとなぜ不正解なのか
・暗記している文法の知識や文構造、文脈から適切な語句を考えられること
・記述採点を満たした解答の作成

など少なくありません。

難易度の高い問題を出題する大学ほどしっかり対策を行い、解答の根拠づけの説明や選択肢が間違っている理由などを説明できるように普段から取り組みましょう。

読む速さを上げるには?

ただ多読していても速度は上がりません。普段から時間を測って読み切ることに慣れておきましょう。

また、本文を見ながらシャドーイングをすることも大事です。

詳しくはシャドーイングで説明しますが、目標とする読む速さを設定し、その速さでこなせるように仕上げます。読む速度は訓練して上げるものだと意識して、最終的には入試の時間内で問題を解くことを目標にしましょう。

医学部 無料受験相談

PAGETOP