E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 福島県立医科大学医学部 受験対策・勉強法

福島県立医科大学医学部 受験対策・勉強法

福島県立医科大学に合格したい受験生必見!福島県立医科大学合格に必要な受験対策、勉強法についてご紹介。入試問題の傾向と対策から「いつまでになにをどのように」勉強すればいいかまで、武田塾メディカルが全公開!

 

英語

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
「ライバルの存在がパフォーマンスに及ぼす影響」についての説明文 社会系(約500語) 記述
「顔の表情とコミュニケーションとの関係」をめぐる説明文 社会系(約600語) 記述
「身体に及ぼす痛み(pain)との関わり方」に関する説明文 医療系(約550語) 記述
和文英訳 英作文 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
「スポーツにおけるホットハンド理論に関する考察」についての長文問題 人文系(約500語) 選択・記述
「なぜ熱い水の方が冷たい水より早く凍るのか?」についての長文問題 科学系(約500語) 選択
「死をコントロールすること」についての長文問題 科学系(約850語) 記述
和文英訳問題 英作文 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
「霊長類の眼球の強膜の役割」についての長文問題 科学系(約600語 ) 選択・記述
「隠喩に関する考察」についての長文問題 人文系(約550語) 記述
「ベッカムの背番号の理由」についての長文問題 社会系(約450語) 選択
和文英訳問題 英作文 記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
論説文「言語決定論に対する反論」についての約500語の長文問題 読解 選択・記述
和文英訳問題 英作文 記述
論説文「犬の意識」についての約500語の長文問題 読解 記述
論説文「地球温暖化と気候変動」についての約450語の長文問題 読解 選択

傾向と対策

毎年大問数は4題で、長文が3つ出題されます。英文のテーマは医療系に限らず、様々な分野のやや難しい文章が使われます。出題形式は語句の補充、内容一致、英文和訳、指示代名詞の説明などです。文章の難易度が高いことがあり、高い英語力が求められます。語彙や文法を確実に学習し、内容を理解しながら速読できるようになっておきましょう。英作文は、どのような文法を問われているのか把握して解答することが大切です。過去問を演習して、題意を素早く把握する練習をしてください。

数学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
軌跡、対数、二項定理、数列、複素数平面、積分 小問集合 記述
直線の方程式、点の座標記述 図形と方程式 記述
関数の増減、最大・最小、微分可能であることの証明 極限 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
三角比、高次方程式、回転体の体積、関数の増減 小問 記述
空間ベクトル ベクトル 記述
漸化式の変形、数列の極限 極限 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
関数の極限 極限 記述
加法定理 三角関数 記述
だ円 2次曲線 記述
ベクトルと期待値 確率・ベクトル 記述
空間ベクトル ベクトル 記述
回転体の体積 積分法 記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
図形と方程式、行列、微積分、三角関数、実数 小問 記述
四面体の体積 空間ベクトル 記述
立体の体積 積分法 記述

傾向と対策

大問数は3題、試験時間は120分です。すべて記述式です。全体的に計算量が多いので、スピードを意識しながら解きましょう。微分積分とベクトルは頻出です。また、小問で三角関数や積分の公式を使う問題が多く出題されます。頻出問題は早く確実に正答できるようにしてください。毎年証明問題が出題されています。教科書や問題集を使って、典型的な問題の解き方や、解答の作り方をよく学習してください。

物理

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
円運動している観測者から見た物体の運動 力学 記述
ドップラー効果 波動 空所補充・記述
気体の状態変化、熱サイクル 熱力学 記述
自己インダクタンスの導出 電磁気 空所補充・記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
動く斜面上の物体の運動 力学 記述
ヤングの実験 波動 空所補充・記述
気体の状態方程式、内部エネルギー 熱力学 記述
コンデンサーを含む直流回路 電磁気 空所補充・記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
鉛直面内における円運動 力学 空所補充・記述
ドップラー効果 波動 記述
P-Vグラフ、熱機関、熱効率 熱力学 記述
導線内の自由電子、ローレンツ力 電磁気 空所補充・記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
運動量保存 力学 記述
くさび形空気層による光の干渉 波動 空所補充・記述
モル比熱 熱力学 記述
自己誘導・相互誘導 電磁気 空所補充・記述

傾向と対策

例年大問数は4題で、力学、電磁気、熱力学、波動から1題ずつ出題されます。試験時間は理科2科目で120分です。基本的な問題が多いので、すべての範囲を苦手分野を残さないように学習してください。その中でも空所補充問題は特に基礎的な事項なので、確実に得点しましょう。また、公式や現象を説明する論述問題や、単位に関する問題も出題されます。教科書に載っているような事項に関しては、よく理解しておいてください。

化学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
亜鉛の反応 無機 記述
気体の総合問題、炭酸の電離平衡 理論 記述
ケト‐エノール互変異性 有機 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
アンモニアソーダ法、食塩水の電気分解 理論・無機 記述
熱化学、気体の法則 理論 記述
炭化水素の構造決定 有機 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
アルミニウム化合物 無機 空所補充・記述
熱化学、気体の法則 理論 記述
ペプチド 有機 記述
芳香族化合物の構造決定 有機 記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
炭素・カルシウム 無機 記述
アンモニアの生成 理論 選択・記述
脂肪族化合物 有機 記述

傾向と対策

大問数は3題~4題、試験時間は理科2科目で120分です。基本的~標準的な設問が多いので、ミスなく得点し高得点を目指しましょう。出題内容は典型的ですが、専門的な表現で出題されることがあります。過去問を演習して、どのように表現されているのかを確認してください。

生物

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
呼吸と発酵 異化 空所補充・記述
動物の分類 生物の系統と分類 空所補充・記述
生物多様性と遺伝 生態と環境 空所補充・記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
性決定、伴性遺伝 生殖と発生 空所補充・記述
体液、血液凝固 生物の体内環境の維持 空所補充・記述
生存曲線、年齢ピラミッド 個体群と生物群集 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
細胞骨格、筋収縮 生物体とタンパク質 空所補充・記述・描図
ホルモン、遺伝子突然変異、集団遺伝 遺伝情報と形質発現 空所補充・記述
動物の行動、フェロモン 刺激に対する動物の反応 記述・描図

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
循環器系、自律神経系 個体の恒常性の維持 空所補充・選択・記述
植物の色素合成 遺伝情報と形質発現 空所補充・選択・記述
植物の生殖 生殖と減数分裂 記述

傾向と対策

大問数は例年3題、試験時間は理科2科目で120分です。物理や化学に比べ難しく、やや難易度が高い設問が出題されます。教科書の事項を基本として、さらに発展的な内容を考察する問題が出ます。問題文から実験の内容を理解し、与えられたデータを読み取ることが大切です。基礎的な学力をつけた後、過去問などを演習し、与えられた情報から解答できるようになりましょう。

小論文

実施しない

面接

2016年度

形式:個人
時間:15~20分

会場の配置
面接官:3名、受験生:1名受験生:1名

質問内容
・本学志願理由
・医師志願理由
・福島県の印象
・自分の医師の素質について
・自己PR
・小論文の内容について
・卒業後の勤務希望地
・世界の幸福度を示す資料を見て感じたこと、日本の幸福度を上げるための方法等を考察する

その他
事前に面接カードを記入し、それについても質問される。内容は「人とうまく話せないという友人にどのようにアドバイスするか」「最近関心を持ったニュース」等

2015年度

形式:個人
時間:15分

会場の配置
面接官:3名、受験生:1名

質問内容
・本学志願理由
・医師志願理由
・福島県の印象
・リーダーシップとは何か
・自分の医師の素質について
・自己PR
・大腸ガンと胃ガンの死亡率のグラフを見て、その推移の背景を考察する。

その他
事前に面接カードを記入する。

2014年度

形式:個人
時間:15分

会場の配置
面接官:3名、受験生:1名

質問内容
・本学志願理由
・医師志願理由
・福島県の印象
・オープンキャンパスの印象
・自分の医師の素質について
・自己PR
・福島県とヨーロッパ各国の放射線量分布の資料を見てわかることを述べる。

その他
事前に面接カードを記入する。

2013年度

形式:個人
時間:15分

会場の配置
面接官:3名、受験生:1名

質問内容
・本学志願理由
・医師志願理由
・福島県の印象
・自分の長所と短所
・人生で挫折したことはあるか
・金子みすゞ『わたしと小鳥とすずと』の文章を読んで、この詩を医療現場に置き換えたらどのようなことが言えるか、また筆者は何を伝えたかったかを述べる

その他
事前に面接カードを書く。テーマは「地域医療とは何か」「iPS細胞についてどう思うか」等。

医学部 無料受験相談

PAGETOP