E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 医学部受験 対策・勉強法

医学部受験 対策・勉強法

他学部と比べ合格が難しいと言われる医学部・医大受験であっても、勉強法・対策の本質は変わりません。

たしかに、医学部は他の学部と比べると難易度が高いことは間違いありません。
同じ大学の他学部の問題と比べると、明らかに難易度が高い問題が出題される場合が多いです。
しかし、国立などであれば全学部共通の問題が出題されている大学も少なくありません。
それでも医学部が難しい理由は、ひとえに「合格点の高さ」に原因があります。

つまり、他の学部であれば得意科目であれば取れるような点数を、医学部の場合は全科目取らなければいけないという点が最大の問題となります。 求められるのは完成度。

医学部の難しさに対応できる実力をつけるためには、普段の勉強法の完成度を徹底的に追及していく必要があります。
他の人と同じテキスト、参考書をやっていても自分のほうが完成度が高い状況を作り上げる、「一冊を完璧にする」ことが医学部・医大合格への一番の近道なのです。

武田塾MEDICALが徹底的に研究して生み出した医学部 対策・勉強法から、各教科の参考書情報や使い方、テスト方法などを解説します。
以下より、ご覧になりたい医学部 対策・勉強法の教科のページをご覧ください。

医学部受験 対策・勉強法 英語編

「医学部に受かるために英語の対策・勉強法はどうすればいいのか?」と、よく悩みますよね。
旧帝医学部とか雲の上の存在に感じますよね。
でも、正しい英語の対策・勉強法で学べば医学部でも逆転合格できます。
「英語の単語ってどう覚えればいいの?」
「長文の参考書はどうや手って復習したらいいの?」
などなど、医学部受験に向けた英語の対策・勉強法に必要な参考書と使い方・対策を伝えますので、以下ページよりご覧ください。

医学部受験 英語の対策・勉強法

医学部受験 対策・勉強法 数学編

他教科と比べても、量が多く、難易度も高い数学の成績を向上し、医学部受験の数学対策・勉強法として必要な力には、まず以下のものが挙げられます。

インプット:公式や典型問題などの解き方を覚え、見たことのある問題であれば、正解に導ける力
アウトプット:インプットした知識をもとに、初見の問題でも解法を思いつき、正解に導ける力
計算力:解き方がわかった問題を実際に正解する力。ケアレスミスをなくすことも兼ねる
速度:時間内に解き終わる力
記述力:記述解答を要求される大学において、減点などをされず過不足無く解答を書ききる力
判断力:最大限の点数を稼げる力。部分点の確保や捨てる問題の判断の速さなど

基本的に、インプットとアウトプットを鍛えていけば向上していくものではありますが、特に重点的に対策したいものがある場合には追加で参考書を仕上げておくことも考えておいたほうがよいでしょう。
以下ページより、数学の医学部受験 対策・勉強法として必要な参考書と使い方・対策をご覧ください。

医学部受験 数学の対策・勉強法

医学部受験 対策・勉強法 物理編

計算問題が多く、数学と似て理系的な教科であるのが物理です。
物理の問題を解くにあたり、なぜそうなるかは理解できなくて不安を感じても、問題集をこなし、パターンで解答していく訓練をすることが必要。物理の理解が進んではじめて、なぜそうなるのかが後々解るようになってきます。
つまり物理を理解することは解答することよりも難しい。しかし、基礎さえ全て頭に叩き込んでしまえば、満点も狙える科目なので、以下ページより、物理の医学部受験 対策・勉強法として必要な参考書と使い方・対策をご覧ください。

医学部受験 物理の対策・勉強法

医学部受験 対策・勉強法 化学編

化学は暗記する事が多いため、物理や数学よりは生物に近い科目といえます。
化学は問題演習を通じて『知識と知識をどうやって組み合わせていくか』を学んでいき、マスターすることが重要です。
以下ページより、化学の医学部受験 対策・勉強法として必要な参考書と使い方・対策をご覧ください。

医学部受験 化学の対策・勉強法

医学部受験 対策・勉強法 生物編

生物はその場で考えたり、資料を読み取る力が必要なので、難しい生物の参考書や問題に触れ、考える訓練と考え方の習得をしていくこと。
いきなり答えを見たりはせず、一問ごとに時間をかけて出来る限り考えながら解いてください。
以下ページより、生物の医学部受験 対策・勉強法として必要な参考書と使い方・対策をご覧ください。

医学部受験 生物の対策・勉強法

医学部 無料受験相談

PAGETOP