E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 岩手医科大学医学部 受験対策・勉強法

岩手医科大学医学部 受験対策・勉強法

岩手医科大学に合格したい受験生必見!岩手医科大学合格に必要な受験対策、勉強法についてご紹介。入試問題の傾向と対策から「いつまでになにをどのように」勉強すればいいかまで、武田塾メディカルが全公開!

英語

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
「バーチャルリアリティの活用法」についての長文問題 科学系(約250語) 選択
空所補充、発音 文法、会話文、発音 選択
語句整序 英作文 選択
「2つの遺伝子治療」についての長文問題 医療系(約350語) 選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
「生物の進化」についての長文問題 科学系 (約150語) 選択・記述
空所補充 文法 選択
「クローンという考えが生まれた理由」についての長文問題 科学系 (約150語) 選択
語句整序 英作文 記述
和文英訳 英作文 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
「物理学を中心とした科学の問題点」についての約200語の長文問題 読解 選択・記述
空所補充 文法 選択
「サンフランシスコ市のインフルエンザへの対応」についての約150語の長文問題 読解 選択
語句整序 英作文 記述
和文英訳 英作文 記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
「科学理論の考え方」についての約150語の長文問題 読解 選択・記述
空所補充 文法 選択
「私とボディランゲージ」についての約200語の長文問題 読解 選択
語句整序 英作文 記述
和文英訳 英作文 記述

傾向と対策

大問数は毎年4~5題で、長文問題(150字程度)が2題、英作文が2題、文法問題が1題程度出題されます。基本的な問題が多いので、ミスなく確実に得点することが大切です。空所補充問題では、語形を変化させる必要があるものがあります。試験中は注意して解きましょう。長文読解問題の和訳では、熟語の知識が必要になります。また、英作文でも文法の知識が問われる設問があります。対策としては、基本~標準的な問題を演習しつつ、特に文法については重点的によく理解しておくと良いです。

数学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
対数不等式、不等式の成立条件、格子点の個数、三角形の形状空所 複素数平面 空所補充
トーナメント戦に関する場合の数、確率 場合の数と確率 空所補充
面積、回転体の体積、極限 積分法の応用 空所補充

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
さいころの目に関する確率、座標平面との融合問題 確率、図形と方程式 空所補充
群数列 数列 空所補充
接線の方程式、最大最小、面積 微・積分法 空所補充

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
3個のサイコロの目を3辺の長さとする三角形 確率 空所補充
接線の方程式、面積 微・積分法 空所補充
ベクトルの成分による計算、四面体の体積 空間ベクトル 空所補充

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
円の方程式と確率 場合の数と確率 空所補充
2次方程式の解の存在範囲と対数関数 2次関数 空所補充
不等式の領域と回転体の体積 図形と方程式・積分法 空所補充

傾向と対策

2012年からは毎年穴埋め形式で出題されています。場合の数、確率、微分積分が頻出です。それ以外については、全ての範囲から幅広く出題されます。難易度は高くありません。基本的な問題がほとんどですが、複数の分野にまたがった問題をいくつか組み合わせた設問もあります。総合的な問題にも対応できるよう、過去問を解くなどして練習しておきましょう。対策としては、典型的な問題はしっかりと理解し、標準レベルの総合的な問題も演習してください。

物理

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
物体の床との衝突 力学 記述
X 線 原子 記述
LC交流回路、電気振動 電磁気 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
単振動、ばね定数の合成 力学 記述
気体の状態変化、p-V グラフ 熱力学 記述
サイクロトロン 電磁気 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
運動方程式 力学 記述
光電効果、エネルギー保存則 原子 記述
コンデンサー 電磁気 記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
万有引力による人工衛星の運動 力学 記述
気体の状態変化 熱力学 記述
電流による磁場 電磁気 記述

傾向と対策

毎年、大問数は3題で、力学、電磁気、原子から出題されます。難易度は高くありません。ミスなく確実に得点することが大切です。力学は全体的にバランスよく出題されます。万有引力なども含め、弱点を作らないように、しっかり学習してください。典型的な問題は確実に解答できるようにしましょう。電磁気は解き易い問題が多いですが、それでも正確な知識は必要です。原子は一般にはあまり出題されませんが、岩手医科大学では隔年で出題されています。よく理解しておいてください。

化学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
熱化学、化学平衡、気体 理論 記述
金属イオンの沈殿生成反応 無機 記述
陽イオン交換樹脂 有機 空所補充・記述
芳香族化合物 有機 空所補充・選択・記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
酢酸ナトリウムの平衡計算 理論 空所補充
凝固点降下と電離度 理論 空所補充・記述
鉄の製錬、性質 無機 空所補充・選択・記述
タンパク質の検出反応 有機 空所補充・選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
理論 空所補充・選択
燃料電池 理論 選択・記述
金属 無機 選択
α-アミノ酸の等電点 有機 空所補充
デンプン 有機 空所補充・記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
反応速度 理論 記述
化学結合と結晶 理論 空所補充・選択・記述
気体の発生 無機 記述
油脂 有機 記述
脂肪族・芳香族 有機 選択・記述

傾向と対策

大問数は年によって違い、4題または5題です。試験時間は理科2科目で90分と短いのでスピードが大切です。難易度は高くなく、基本~標準的な問題がほとんどですが、いくつか複雑な問題や計算問題があります。試験時間内に解答できるよう、速く正確に題意を理解し、計算する練習をしてください。無機化学からは金属や元素の分野、有機化学からは糖、アミノ酸、たんぱく質の分野がよく出題されます。また、天然有機化合物に関係する問題も見られます。頻出分野を中心に、典型的な問題をよく理解しましょう。

生物

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
ニューロン、筋収縮 生物の環境応答 空所補充・選択・記述
性決定様式、配偶子形成、ウニの受精、母性因子 生殖と発生 選択・記述
酸素解離曲線、血液 生物の体内 選択・記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
呼吸、呼吸商 生命現象と物質 選択・記述
減数分裂、動物の配偶子形成 生殖と発生 選択・記述
生物の体内環境の維持、生命現象と物質・生物の環境応答 小問 選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
ミクロメーター、光学顕微鏡の使い方 細胞と組織 選択・記述
細胞の構成成分 細胞と組織・生命現象と物質 選択・記述
被子植物の受精と発生、重複受精、無胚乳種子 生命の連続性 選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
細胞分裂・塩基の比率 生殖・遺伝子 選択
タンパク質 タンパク質と生物体の機能 空所補充・記述
光合成 タンパク質と生物体の機能 選択

傾向と対策

大問数、出題形式は年によって異なります。基本的な差がつきにくい問題が多いので、確実に得点できるよう、正確な知識を身につけておきましょう。遺伝、動物の反応、核酸とたんぱく質の分野が頻出ですが、出題内容は毎年違います。また、1回の試験での出題範囲は狭く、苦手な分野が出題されると命取りになります。弱点をできるだけ作らないよう、満遍なく学習しましょう。計算問題や説明する問題もあります。過去問などと使って対策してください。

小論文

2016年度

600字50分
内容
石川九楊『縦に書け、縦に考えよ̶ 縦と横の文化学ー』を読み、「縦」と「横」のイメージに関する考えを述べる。

2015年度

600字50分 内容
中村桂子著『ゲノムにかいてないこと』を読み、「わかる」ということについて、自分の考えを述べる。

2014年度

600字50分
内容
真野俊樹著『「命の値段」はいくらなのか?』を読み、「いのちの重さ」について、自分の考えを述べる。

2013年度

600字50分
内容
清水哲郎『最期まで自分らしく生きるために』を読み、《生物学的な生命》と《物語られるいのち》について、自分の考えを述べる。

面接

2016年度

形式:個人面接
時間:15分

会場の配置
面接官:2名、受験生:1名

質問内容
・自己PR(2分)
・本学志望理由
・医師志望理由
・趣味について
・高校生活・部活動について
・理想の医師像・目標の医師
・地域医療について
・併願校について
・自分の長所と短所

その他
面接前にアンケート(性格等に関する質問に○、×、△で回答)を記入し、回答を基に質問される。

2015年度

形式:個人
時間:15分

会場の配置
面接官:2名、受験生:1名

質問内容
・自己PR
・本学志望理由
・医師志望理由
・高校生活・部活動について
・理想の医師像・目標の医師
・地域医療について
・併願校について
・家族について
・最近の気になるニュース

その他
面接前にアンケート(性格等に関する質問に○、×、△で回答)を記入し、回答を基に質問される。

2014年度

形式:個人
時間:10分~20分

会場の配置
面接官:2名、受験生:1名

質問内容
・自己PR
・本学志望理由
・医師志望理由
・高校生活・部活動について
・理想の医師像・目標の医師
・地域医療について
・学校生活について
・岩手県の印象
・最近の気になるニュース

2013年度

形式:個人
時間:15分

会場の配置
面接官:2名、受験生:1名

質問内容
・本学志望理由
・医師志望理由
・高校生活・部活動について
・理想の医師像・目標の医師
・地域医療について
・自殺についてどう思うか
・患者との信頼関係をどうつくろうと思うか

医学部 無料受験相談

PAGETOP