E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 東京慈恵会医科大学 医学部 受験対策・勉強法

東京慈恵会医科大学 医学部 受験対策・勉強法

東京慈恵会医科大学医学部に合格したい受験生必見!順天堂大学合格に必要な受験対策、勉強法についてご紹介。入試問題の傾向と対策から「いつまでになにをどのように」勉強すればいいかまで、武田塾メディカルが全公開!

英語|東京慈恵会医科大学医学部

2015年度|東京慈恵会医科大学医学部

番号 分野 範囲 解答形式
空所補充 会話文 記述
空所補充 文法 選択
英文完成 文法 選択
正文指摘 文法 選択
「個体の利益と全体の利益の対立」について(約450語) 読解 選択
記述
和文英訳 英作文 記述

2014年度|東京慈恵会医科大学医学部

番号 分野 範囲 解答形式
空所補充 会話文 記述
空所補充 文法 選択
英文完成 文法 選択
正文指摘 文法 選択
「メタンガスの生成とその利用」についての科学系約450語の長文問題 読解 選択
記述
和文英訳 英作文 記述

2013年度|東京慈恵会医科大学医学部

番号 分野 範囲 解答形式
空所補充 会話文 記述
空所補充 文法 選択
英文完成問題 文法 選択
誤り指摘 文法 選択
「アフリカ、特にボツワナの経済成長」についての約600語の長文問題 読解 選択
記述
和文英訳 英作文 記述

傾向と対策|東京慈恵会医科大学医学部

出題形式、難易度は毎年あまり変わりません。例年大問数は6~7題で、長文が1題、和文英訳が1題、単語、文法、語法などが数題です。発音が出題される年もあります。幅広い分野から出題され、語彙、読解、文法いずれについても高い力を求められます。会話表現の空所補充問題も出題されます。試験時間は問題量に対して長めですが、時間配分は間違えないようにしましょう。2015年の問題では、大問の1と2に時間をかけすぎないことが大切でした。難易度が高い表現や設問があります。わからない表現があっても、文脈から読み取ったり、問題に解答する必要がない場合は読み飛ばすなど、工夫して解いても良いです。また、和文英訳は日本語から直訳し難い問題があります。直訳に拘らず、和文の意味を伝えられる自然な英文を考えるようにしてください。読解や英作文の問題を演習すると同時に、語彙力を高めましょう。

数学|東京慈恵会医科大学医学部

2015年度|東京慈恵会医科大学医学部

番号 分野 範囲 解答形式
ゲームが終了する確率、四面体の高さと体積 確率、図形と計量 空所補充
極値、変曲点、グラフ、面積、最大最小 微・積分法 記述・描図
不等式を満たす点の存在範囲、格子点の個数、数列の極限 式と曲線、極限 空所補充・記述
描図
空間ベクトル 平面の方程式、平面上の円 空所補充・記述

2014年度|東京慈恵会医科大学医学部

番号 分野 範囲 解答形式
カードを取り出す確率、1 次変換 確率、行列 空所補充
関数のグラフ、面積、最大値 微・積分法 記述
三角不等式、領域における最大最小 図形と方程式 空所補充
記述
成分表示、内積の利用、回転体の体積 空間ベクトル・ 積分法 空所補充
記述

2013年度|東京慈恵会医科大学医学部

番号 分野 範囲 解答形式
ランダムウォークと期待値、ベクトルによる不等式の図示 場合の数と確率、平面上のベクトル 空所補充
無理関数の接線と座標の最小値 微分法の応用 記述・描図
立体の断面積と体積 積分法の応用 記述
直線の1次変換 行列 記述

傾向と対策|東京慈恵会医科大学医学部

毎年大問数は4題、1問目に小問が出題されます。小問や、各大問の前半部分は基本的な出題が多いので、失点しないようにしましょう。幅広く出題されますが、微積分と空間図形の分野は頻出です。網羅的に学習して弱点を減らしつつ、数Ⅲはしっかり演習しましょう。誘導が充実していますので、うまく乗って解答してください。また、'15年はありませんが、証明問題が出ることがあります。証明問題は例年高い論理性と計算力とを求められ、難易度が高めです。対策には、典型的な問題の演習と、うまく誘導にのって答案を作成する練習をおすすめします。

物理|東京慈恵会医科大学医学部

2015年度|東京慈恵会医科大学医学部

番号 分野 範囲 解答形式
紙球鉄砲の原理 熱力学
力学
記述
β線と円形容器型コンデンサー 電磁気学 記述
多層膜による光の干渉 波動 記述

2014年度|東京慈恵会医科大学医学部

番号 分野 範囲 解答形式
らせん運動、終端速度 力学 記述
熱量保存の法則、金属円柱の変形 力学
熱力学
記述
細胞膜とコンデンサーの類似性、血流と電流の類似性 電磁気 記述

2013年度|東京慈恵会医科大学医学部

番号 分野 範囲 解答形式
床との衝突 力学 記述
イオンの熱運動、電流、ジュール熱と熱放射 電磁気
熱力学
記述
ドップラー効果、うなり、等加速度運動 力学
波動
記述

傾向と対策|東京慈恵会医科大学医学部

大問数は3題ですが、融合問題も多いので出題範囲は広いです。記述式ですが、ほとんどは答えだけを解答します。2013年から出題傾向が変わり、典型的でない出題が多くなりました。難易度はあまり高くありませんが、目新しい設定だったり計算量はが多めだったりします。速く正確に計算できるように練習すると同時に、見慣れない問題にも対応できるようになることが大切です。見慣れない問題に対応するには、典型的な問題をよく理解し、初見の問題を良く知っている問題につなげると解きやすくなると思います。

化学|東京慈恵会医科大学医学部

2015年度|東京慈恵会医科大学医学部

番号 分野 範囲 解答形式
燃料電池 理論 空所補充
記述
浸透圧計算と電離平衡 理論 空所補充
記述
オゾン分解による構造決定 有機 記述
糖とその性質 有機 空所補充
記述

2014年度|東京慈恵会医科大学医学部

番号 分野 範囲 解答形式
塩化ビニル付加重合反応 有機 空所補充
記述
ベンゾイン縮合 有機 空所補充
記述
ケイ素とその化合物 無機
理論
空所補充
記述
硫黄とその化合物、ゴム、溶解度積 無機
有機
理論
空所補充
記述

2013年度|東京慈恵会医科大学医学部

番号 分野 範囲 解答形式
キセノンの反応 理論 空所補充
選択
記述
肺胞での酸素分圧 理論 空所補充
記述
高分子化合物 有機 記述
タンパク質 有機 空所補充
記述

傾向と対策|東京慈恵会医科大学医学部

毎年大問数は4題で、有機化学を中心に幅広い範囲から出題されます。難易度が高めな上、問題そのものの量も計算量も多いので、時間が足りなくなりがちです。比較的解きやすく、易しい問題から解いていくと良いでしょう。すべて解ききるというより、できるだけ高得点を目指す姿勢が合格への近道です。対策には、難易度が高めの問題を演習すると良いです。説明する記述問題もあります。語句や実験に関係する内容を30~80で説明する練習をしてください。

生物|東京慈恵会医科大学医学部

2015年度|東京慈恵会医科大学医学部

番号 分野 範囲 解答形式
形質転換、PCR 法、反復配列、遺伝子多型、ハーディ・ワインベルグの法則 細胞と遺伝子・生命現象と物質・生物の進化と分類 空所補充・選択・記述
膵臓、消化酵素、ホルモン、細胞骨格、モータータンパク質、エキソサイトーシス 細胞と遺伝子・生物の体内環境の維持・生命現象と物質 空所補充・選択・記述
しつがい腱反射、筋収縮、抑制性介在ニューロン、心臓の拍動調節 生物の体内環境の維持・生物の環境応答 空所補充・選択・記述
ABCモデル、ホメオティック遺伝子、遺伝 生命現象と物質・生殖と発生 空所補充・選択・記述

2014年度|東京慈恵会医科大学医学部

番号 分野 範囲 解答形式
視覚器の構造とはたらき、脳、色覚 環境と動物の反応 空所補充・選択・記述
炭酸同化、CAM植物、アルコール発酵と光合成の計算 生命現象と物質 空所補充・選択・記述
伴性遺伝、連鎖と組換え、分子進化、中立進化 遺伝・生物の進化と分類 空所補充・選択・記述
標識再捕法、 区画法、 最終収量一定の法則、 個体群間の相互作用 生物の集団 選択・記述

2013年度|東京慈恵会医科大学医学部

番号 分野 範囲 解答形式
細胞、酵素 細胞・タンパク質と生物体の機能 空所補充・選択・記述
血液凝固、ABO 式血液型 内部環境の恒常性 選択・記述
DNAの置換、遺伝子頻度、伴性遺伝、胚乳の遺伝 選択・記述 選択・記述
生態系の物質収支 選択・記述 選択・記述

傾向と対策|東京慈恵会医科大学医学部

標準的な問題から応用的な問題まで出題され、実験問題も多いです。人体に関する分野からの出題が多いですが、植物や生態系に関係する分野からも出されますので、幅広く学習しておいてください。また、新課程からの出題もあります。アミノ酸やたんぱく質、遺伝子の分野では、教科書以上の高い知識が求められることがあります。一方で、生物の集団、進化・分類の分野はよく出題され、典型的な問題が多いですから、この分野はよく対策し、確実に得点できるようになりましょう。計算問題や文章で説明する設問もあります。正確に理解し、的確にアウトプットできるよう練習すると良いです。

小論文|東京慈恵会医科大学医学部

実施しない

面接|東京慈恵会医科大学医学部

2015年度|東京慈恵会医科大学医学部

形式集団討論、個人
時間集団討論50分、個人10分
会場の配置集団討論)面接官:3名、受験生:5名、個人)面接官:3名、受験生:1名
質問内容
「自己実現」などのテーマについて、一人ずつ意見を述べる(集団)
医師志望理由
本学志望理由
高校生活、部活動について
併願校について
1次試験の出来について

2014年度|東京慈恵会医科大学医学部

形式集団討論、個人
時間集団討論50分、個人10分
会場の配置集団討論)面接官:3名、受験生:5名、個人)面接官:3名、受験生:1名
質問内容
「自己実現」などのテーマについて、一人ずつ意見を述べる(集団)
医師志望理由
本学志望理由
高校生活、部活動について
併願校について
1次試験の出来について

2013年度|東京慈恵会医科大学医学部

形式集団討論、個人
時間集団討論50分、個人10分
会場の配置集団討論)面接官:3名、受験生:5名、個人)面接官:3名、受験生:1名
質問内容
「自己実現」などのテーマについて、一人ずつ意見を述べる(集団)
医師志望理由
本学志望理由
高校生活、部活動について
併願校について
コミュニケーションについて

医学部 無料受験相談

PAGETOP