E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 近畿大学医学部 受験対策・勉強法

近畿大学医学部 受験対策・勉強法

近畿大学医学部に合格したい受験生必見!近畿大学医学部合格に必要な受験対策、勉強法についてご紹介。入試問題の傾向と対策から「いつまでになにをどのように」勉強すればいいかまで、武田塾メディカルが全公開!

英語

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
空所補充 文法・語彙 選択
正文選択 文法 選択
語句整序 英作文 選択
「透明人間になるという錯覚」についての長文問題 科学系 選択
「発展途上国でも使える滅菌用高圧釜」についての長文問題 科学・医療系約600語 選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
空所補充 文法・語彙 選択
和文英訳の正文選択 文法・語彙 選択
語句整序 英作文 選択
「無作為な現象の中にあるもの」についての長文問題 人文系 (約350語) 選択
「携帯電話が振動していない時にそう感じるわけ」についての長文問題 科学系(約600語) 選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
空所補充 文法・語彙 選択
和文英訳の正文選択 文法・語彙 選択
語句整序 英作文 選択
「グローバル化とは何か」についての長文問題(約350語) 読解 選択
「意識と感情」についての長文問題(約700語) 読解 選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
空所補充 文法・語彙 選択
和文英訳の正文選択 文法・語彙 選択
語句整序 英作文 選択
「ハエトリソウ」について約400語の長文問題 読解 選択
「ビジュアル化と記憶力」についての約650語の長文問題 読解 選択

傾向と対策

大問数は5題で、すべてマーク式です。試験時間は90分と余裕がありますが、難しい文法問題にこだわり過ぎると時間が足りなくなり事もあるようです。短文を完成させる問題や誤文訂正問題は、やや難しい設問がでます。難易度の高い語彙や慣用句、語法まで学習しておくと安心です。対策としては、過去問をよく演習してください。傾向にあまり変化がないので、かなり以前の問題も役に立ちます。最低でも5年分を目安に演習しましょう。

数学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
正多面体、さいころに関する確率 場合の数、確率 空所補充
方程式の実数解の個数、正弦定理と余弦定理、メネラウスの定理 微分法、図形と計量、図形の性質 記述
接線の方程式、面積 微積分 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
2 つの円が交わる条件、交点を通る直線 図形と方程式 空所補充
交点のベクトル、三角形の面積比、垂直条件 平面ベクトル 記述
群数列、不等式を満たす項の個数 数列 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
円に内接する四角形、余弦定理、面積公式 三角比 空所補充
交点のベクトル、三角形の面積比、内積の利用 平面ベクトル 記述
格子点の個数 数列 記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
折れ線の長さの最小値 図形と方程式 空所補充
三角形の面積の最小値と垂線の足 空間のベクトル 記述
三角方程式の実数解の個数 三角関数 記述

傾向と対策

試験時間は60分、大問数は3題です。難易度は基本~標準的で難問はあまり出題されないので、9割を目安に得点できると良いです。典型的な問題が解ければ問題ないことが多いですが、誘導があるので題意をつかむ練習をしておくと安心です。また、年によっては計算が煩雑な設問もありますので計算力をつけておくと良いでしょう。出題範囲は図形と方程式、ベクトル、数列は頻出です。図形に関係する問題が苦手な方はよく練習してください。

物理

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
物体の衝突、ばねの単振動 力学 空所補充・記述
抵抗回路、電圧計・電流計 電磁気 空所補充
超音波のドップラー効果を用いた血液の速さの測定 波動 空所補充・記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
斜面上での円運動、放物運動 力学 記述
電流がつくる磁場、電磁力 電磁気 記述
水の三態、熱量保存の法則、比熱と潜熱 熱力学 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
力のつり合い、すべる条件、仕事 力学 記述
過渡現象、電気振動 電磁気 記述・描図
光の屈折、プリズムによる光の干渉 波動 記述・描図

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
重力場・電場中の運動、単振動 力学・電磁気 記述
自由電子の運動とオームの法則 電磁気 記述
平面波の干渉 波動 記述

傾向と対策

大問数は3題で、標準的~やや難度の高い問題が出ます。問題の考え方は典型的な問題が多いですが、計算が煩雑で、正解も複雑なものがあります。力学と電磁気を中心に出題されます。前期と後期では出題範囲が異なりますので、確認してください。あまり見慣れない問題にも対応できるよう、難度の高い問題集を使って演習すると良いです。また、過去問を使う学習も効果的です。できるだけ遡って、沢山の問題を解いておきましょう。

化学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
金属イオンの沈殿、二酸化炭素の定量分析 理論・無機 空所補充・記述
ケイ素の結晶格子、グルタミン酸の電離平 理論・有機 記述
芳香族化合物の構造、セルロースの反応 有機 空所補充・記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
元素の性質、過酸化水素の酸化還元 理論・無機 空所補充・記述
凝固点降下、化学平衡 理論 選択・記述
付加反応、脱離反応、糖の平衡 有機 空所補充・記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
化学反応式、中和滴定 理論・無機 記述
分子量、反応、熱 有機・理論 記述
有機化合物の分離法 有機 空所補充・選択・記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
カルシウム・酸化還元 無機・理論 選択・記述
COの反応熱・結晶構造 理論 空所補充・記述
脂肪族化合物 有機 選択・記述

傾向と対策

Ⅰ期日程とⅡ期日程では問題形式が異なります。Ⅰ期は大問数が3題で、空所補充式と記述式の問題、Ⅱ期は40問程度ですべてマーク式の問題です。無機化学や有機化学を中心に、全範囲から出題されます。難易度は高くなく、高得点が求められます。苦手分野をできるだけ残さないように学習してください。計算問題は計算量が多い煩雑なものもありますので、計算力をつけておきましょう。また、Ⅰ期日程では例年、論述問題が出題されます。用語を説明する練習をしてください。

生物

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
細胞周期、DNA の複製 細胞と遺伝子、生命現象と物質 空所補充・記述
耳、受容器 生物の環境応答 空所補充・記述
体液性免疫、二次応答 生物の体内環境の維持、生命現象と物質 記述
両生類の発生、誘導の連鎖、中胚葉誘導 生殖と発生 空所補充・記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
共生説、二次共生 細胞と遺伝子・生命現象と物質・生物の進化と分類 空所補充・記述
循環系、自律神経系 生物の体内環境の維持 空所補充・選択・記述
細胞膜、筋収縮、動物の組織、免疫、重症筋無力症、二次応答、抗体医療 生物の体内環境の維持・生命現象と物質 空所補充・記述・描図
被子植物の配偶子形成 生殖と発生 空所補充・記述・描図

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
体細胞分裂、細胞周期 細胞と組織 記述・描図
腎臓、尿形成 環境と動物の反応 空所補充・選択・記述
タンパク質の消化、消化酵素、終末消化 生命現象と物質 空所補充・記述
光合成のしくみ、窒素同化、植物ホルモン 環境と植物の反応・生命現象と物質 空所補充・記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
PCR法 遺伝子 空所補充・記述
植物ホルモン 環境と植物の反応 空所補充・選択・記述
筋収縮 刺激の受容と反応 空所補充・記述
初期発生、キメラマウス、移植片拒絶反応 発生・内部環境の恒常性・遺伝子 空所補充・記述

傾向と対策

大問数は4題で、すべて記述式の問題です。幅広い範囲から出題され、特に小問は全分野から出題されます。大問は、代謝、細胞の構造、神経と筋肉の分野が頻出です。頻出分野を中心に全体的に学習してください。実験を考察する問題が毎年出題されます。教科書に載っているような実験に関しては、目的や方法、結果、考察までよく理解しましょう。描図問題がありますので、資料集や図解を使うこともおすすめです。また、論述問題も出題されます。用語や知識を文章にまとめる演習をしておくと良いです。

小論文

2016年度

400字40分
内容
梶田隆章氏のノーベル賞受賞を受けて、「純粋科学」とはどのような科学か、「純粋科学」がノーベル賞を受賞したことをどう評価するか、考えを述べる。
”患者主体”の医療をめざすチーム医療において大切なことは何か。

2015年度

400字40分 内容
海外留学や海外で生活することの意義について、自分の考えを述べる。
大学で、英語以外の外国語を学ぶ場合、何語を選ぶか、その理由を述べる。また、その言語を使ってどんなことがしたいかを述べる。

2014年度

400字40分
内容
「今後の医療のゆくえ .混合診療について.」をテーマに自分の考えを述べる。
今までに学校や自分で学んだ理科の内容で、興味を持ったことを一つ選び説明する。さらに、その結果として、科学 に対する考え方がどのように変わったか述べる。

2013年度

400字40分
内容
2012年iPS細胞に関するノーベル賞の受賞から、再生医療に関する期待が高まっています。再生医療の意義と問題点について、自分の思いを述べる。
自分の生き方や考え方が変わった書物のタイトルと著者名、あらすじを書き、読む前と読んだ後でどのように変わったかを述べる。

面接

2016年度

形式:個人
時間:10分

会場の配置
面接官:2名、受験生:1名

質問内容
・本学志望理由
・理想とする医師像
・高校生活について
・人生で一番感動したこと
・最近気になったニュース
・自分の意見が通らなかった場合はどうするか

その他
事前にアンケートに答え、その解答理由について質問される。アンケート内容は「医師に必要な能力〈幅広い知識、高度な専門技術、人間性の豊かさ〉の3つに順位をつけ、その理由を述べる」「将来の希望は勤務医、開業医、研究医のどれか」等。

2015年度

形式:個人
時間:10分

会場の配置
面接官:2名、受験生:1名

質問内容
・本学志望理由
・理想とする医師像
・医師になるために必要な資質
・高校生活について
・小論文について
・相手と意見が違ったとき、どのように対処するか
・再生医療について
・希望する科と、もしそれ以外の科に入るとしたら何をしたいか

その他
面接前に医師志望理由についてのアンケートを記入する。

2014年度

形式:個人
時間:10~15分

会場の配置
面接官:2名、受験生:1名

質問内容
・本学志望理由
・理想とする医師像
・医師になるために必要な資質
・高校生活について
・小論文について
・今までで一番幸せを感じたのはいつか
・再生医療について
・希望する科と、もしそれ以外の科に入るとしたら何をしたいか

その他
面接前に医師志望理由についてのアンケートを記入する。

2013年度

形式:個人
時間:10分

会場の配置
面接官:2名、受験生:1名

質問内容
・好ましい医師像
・一番感動したこと
・一番大切にしていること
・医学部でどう勉強するか
・将来の夢について

その他
面接前にアンケートを記入し、回答を基に質問される。

医学部 無料受験相談

PAGETOP