E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 久留米大学医学部 受験対策・勉強法

久留米大学医学部 受験対策・勉強法

久留米大学医学部に合格したい受験生必見!順天堂大学合格に必要な受験対策、勉強法についてご紹介。入試問題の傾向と対策から「いつまでになにをどのように」勉強すればいいかまで、武田塾メディカルが全公開!

英語

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
「麻痺が治るかもしれない」についての長文問題 医療系約650語 選択
「発展途上国へと広がる肥満」についての長文問題 社会・医療系約350語 選択
「ヨーロッパの地理と歴史」についての長文問題 人文系約100語 記述
適文選択 会話文 選択
誤り指摘 文法 選択
空所補充 文法 選択
発音 発音 選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
「デジタル音声の作成とその際の留意点」についての長文問題 科学系(約450語) 選択
「人間のクローンにまつわる問題」についての長文問題 医療系(約300語) 選択
「既に実行されたことを再度する意義」についての長文問題 社会系(約100語) 記述
適文選択 会話文 選択
誤り指摘 文法 選択
空所補充 文法 選択
発音・アクセント 発音 選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
「テレビゲームの社会的機能」についての約400語の長文問題 読解 選択
「結果のパラドックスとゲーム理論」についての約100語の長文問題 読解 選択
「形容詞の自己満足的含蓄」についての約150語の長文問題 読解 記述
空所補充 文法・語彙 選択
誤り指摘 文法 選択
空所補充 文法・語彙 選択
発音・アクセント 発音 選択

傾向と対策

毎年大問数は7題で、傾向はあまり変わりません。試験時間は比較的短くありませんが、英作文に時間がかかることが多いです。時間配分に注意して解きましょう。英作文は3題出題されますが、すべて解答しなくても合格できることが多いです。書きやすい設問を優先して解答しましょう。長文は医学系、人文系など様々な分野の英文が使用されますが、あまり長くはなく、語彙も難しくありません。出題内容にあまり変化がないので、古い過去問まで演習すると良いです。

 

数学

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
円周上の点、円と円、円と直線 図形と方程式 空所補充
媒介変数表示、面積 積分法 空所補充
等差数列の項数と和 数列 空所補充
対数微分法、面積 微・積分法 空所補充
試薬の判定に関する確率、条件つき確率 確率 空所補充
さいころの目による得点の確率 確率 空所補充
正五角形の対角線の長さ、内積 平面ベクトル 空所補充

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
行列の n 乗 行列 空所補充
光の反射 三角関数 空所補充
直線、円の方程式 図形と方程式 空所補充
三角方程式、面積 三角関数・積分法 空所補充
無限等比級数 極限 空所補充
楕円の接線 2次曲線 空所補充
定積分の計算 積分法 空所補充

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
放物線の共通接線と面積 微分法・積分法 空所補充
共役な複素数と方程式の解 複素数と方程式 空所補充
指数関数と三角関数の積分 積分法 空所補充
分数関数の最大値と最小値 微分法の応用 空所補充
  三角関数の最小値 三角関数 空所補充
  実数条件と最大値と最小値 方程式と不等式 空所補充
積分型関数の導関数 積分法 空所補充
さいころの確率 場合の数と確率 空所補充

傾向と対策

試験時間は90分で、B4の問題用紙1枚分の小問が出題されます。難易度にはばらつきがあり、基本的な問題から難易度の高い問題まで出されます。また、条件が欠けていたり、出題の意図が解りにくい問題もあります。すべて解くことに拘らず、解き易い問題から解答しましょう。出題範囲は数ⅠA~ⅢCまでの全分野で、満遍なく出題されます。その中でも三角関数と微分積分は頻出です。頻出範囲を中心に、全体的に満遍なく学習してください。

 

物理

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
単振動、円運動 力学 記述
熱量保存の法則、潜熱 熱力学 記述
誘導起電力、電磁力、弦の共鳴 電磁気・波動 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
斜面上での物体の運動、衝突、円運動 力学 記述
気体の状態変化 熱力学 記述・描図
交流発電機の原理 電磁気 記述・描図

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
鉛直面内の円運動、放物運動 力学 記述
コイル、コンデンサー、電気振動 電磁気 記述
反射型の回折格子 波動 記述

傾向と対策

大問数は毎年3題です。幅広く全範囲から出題されますが、しいて言えば、力学、電磁気学、波動、熱力学の順に頻度が高いです。典型的な問題が多いので、確実に得点できるようにしましょう。ただし、難しい問題が出題されることもあります。その場合は完答に拘り過ぎないことが大切です。グラフを描図する設問がたびたび出題されます。何度か演習して対策してください。また、解答する時は単位に注意しましょう。

 

化学

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
結晶格子 理論 空所補充・選択・記述
ニトロ化、カップリング 有機 記述
pH計算 理論 選択・記述
ポリアミド系繊維 有機 空所補充・記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
反応速度 理論 記述
鉄、メッキ、透析 無機・理論 空所補充・選択・記述
アセチレン高分子化合物 有機 空所補充・記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
圧平衡定数 理論 記述
金属イオンの分析 無機 選択・記述
芳香族化合物 有機 記述

傾向と対策

大問数は3題~4題で、試験時間は理科2科目で120分です。難易度は年によって異なりますが、難しい年が多いです。全範囲から出題されますが、特に生命化学の分野は出題頻度が年々増えています。計算問題や構造式を決定する問題が出ます。これらの問題には時間がかかりますので、基本的な問題は速く解けるようにして時間を残しておくと良いです。有機化合物の構造を決定する設問は難しいものが多いです。過去問や問題集をよく演習しましょう。

 

生物

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
呼吸、光合成、化学合成 生命現象と物質 空所補充・記述
社会性昆虫、ニッチ、個体群、免疫 生態と環境・生物の体内環境の維持 空所補充・記述
恒常性、筋収縮、細胞骨格、モータータンパク質 生物の体内環境の維持・生物の環境応答 空所補充・記述
伴性遺伝、家系図 生殖と発生 空所補充・記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
好気呼吸、解糖 生命現象と物質 空所補充・記述
DNA、転写、翻訳、RNA 干渉 遺伝・生命現象と物質 空所補充・記述
ハーディ・ワインベルグの法則 生物の進化と分類 空所補充・記述
イモリの発生 生命の連続性 空所補充・記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
菌類の分類、アカパンカビの子のう胞子 生物の多様性 空所補充・記述
浸透圧の調節 内部環境の恒常性 空所補充・選択・記述
生存曲線 生物の集団と環境 空所補充・選択・記述
肝臓の働き、塩基の置換と酵素活性の変化 内部環境の恒常性・遺伝子 空所補充・記述

傾向と対策

例年大問数は4題で、2題は特定の分野から出題されることがあります。苦手分野が出題されると不利ですので、弱点を残さないように学習しましょう。遺伝とたんぱく質と核酸の範囲は頻出です。基本的な生物用語の知識を問う問題や、論述問題が毎年出題されています。教科書に載っている事項については、正確に覚えてください。また、計算問題もよく出ています。何度か練習しておくと良いです。

小論文

2015年度

800字60分
内容
「高齢化社会における医師の役割」について述べる。

2014年度

800字60分
内容
「時代を見据えた理想の医師像」について、自分の考えを述べる。

2013年度

800字60分
内容
「人間として生きることの意味」について、自分の考えを述べる。

面接

2015年度

形式:個人
時間10分
会場の配置面接官:2名、受験生:1名
質問内容
本学志望理由
医師志望理由
大学で何をしたいか
高校生活、部活動について
自分の性格、長所・短所について
小論文について
理想の医師像について
得意・不得意科目について

2014年度

形式:個人
時間5~10分
会場の配置面接官:2名、受験生:1名
質問内容
本学志望理由
医師志望理由
大学で何をしたいか
高校生活、部活動について
自分の性格、長所・短所について
小論文について
体力に自信はあるか
得意・不得意科目について

2013年度

形式:個人
時間5~10分
会場の配置面接官:2名、受験生:1名
質問内容
本学志望理由
医師志望理由
大学で何をしたいか
高校生活、部活動について
自分の性格、長所・短所について

医学部 無料受験相談

PAGETOP