E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 日本医科大学医学部 受験対策・勉強法

日本医科大学医学部 受験対策・勉強法

日本医科大学に合格したい受験生必見!日本医科大学合格に必要な受験対策、勉強法についてご紹介。入試問題の傾向と対策から「いつまでになにをどのように」勉強すればいいかまで、武田塾メディカルが全公開!

英語

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
「家にいる細菌」についての長文問題 科学系(約650語) 選択・記述
「品位を下げる剽窃」についての長文問題 社会系(約100~350語) 選択・記述
「教育を改善するには」についての長文問題 人文・社会系(約600語) 選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
「素晴らしい医師ビル」についての長文問題 人文・医療系(約500語) 選択・記述
「視覚芸術の定義」についての長文問題 人文系(約400語) 選択・記述
「何もしないことは不快なこと」についての長文問題 人文・科学系(約650語) 選択・記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
「チーム医療が成功する条件」についての医療系約650語の長文問題 読解 選択・記述
「読解方法と問題解決」についての人文系約600語の長文問題 読解 選択・記述
「正確で信頼できる記事へ高まる需要」についての社会・科学系約600語の長文問題 読解 選択・記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
「言論の自由と中絶問題」についての約650語の長文問題 読解 選択・記述
「コミュニケーションとカルチャーショック」についての約600語の長文問題 読解 選択・記述
「卵アレルギーと食事療法」についての約650語の長文問題 読解 選択・記述

傾向と対策

例年、大問数は3題で、長文が3つ出題されます。内容は科学や医療に関することが中心ですが、人文系の分野にも触れています。日ごろから勉強だけでなく、様々な事柄に触れておくと良いと思います。文法だけの設問はありませんが、長文問題の中に文法、語法や語彙の知識が必要な問題があります。基本的な文法は学習してください。記述式で解答する問題が多いので、文章の内容はよく理解するようにしましょう。

数学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
正弦定理と余弦定理、円に関する定理、合同式、数列の和、双曲線の接線 図形と計量、数列、式と曲線 記述
定積分で表された関数、不等式の証明 微積分 記述
線分の通過領域 図形と方程式 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
確率漸化式、対数、領域における最大最小、関数の最大最小 確率、数列、図形と方程式、微分法 記述
区分求積 積分法、極限 記述
回転体の体積、数列の極限 積分法、極限 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
トランプの確率、内積の利用、三角関数の対称式 確率、空間ベクトル、三角関数 記述
微分法の応用、不等式の証明 対数関数 空所補充・記述
定積分の計算、不等式の証明 積分法 記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
二項定理を利用した行列のn乗 行列 記述
積分を用いた不等式の証明 積分法 記述
積分漸化式と回転体の体積 積分法の応用 記述・描図

傾向と対策

毎年試験時間は90分、大問数は3題です。大問1は小問で、基本的な問題が多いのでミスしないことが大切です。残りの2題は典型的な問題が出ることもありますが、思考力を試されるような、見慣れない問題も出題されます。典型的な問題は確実に得点できるよう繰り返し演習しておく必要がありますが、じっくり考える練習もしておくと良いです。数学をよく理解し、題意をつかむ練習をしておくと高得点につながります。

物理

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
物体の衝突 力学 空所補充
荷電粒子の運動 電磁気 空所補充
気体の移動、混合 熱力学 空所補充
光電効果、γ崩壊 原子 空所補充

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
浮力、慣性力 力学 空所補充
コンデンサー 電磁気 空所補充
気体の状態変化、熱効率 熱力学 空所補充
波の式、光の干渉 波動 空所補充

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
仕事とエネルギー、運動量保存則、剛体のつり合い 力学 空所補充
RLC 並列交流回路 電磁気 空所補充
気体の状態変化、U字管内の水柱の単振動 力学・熱力学 空所補充
ドップラー効果、気柱の共鳴 波動 空所補充

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
万有引力による運動 力学 空所補充
コンデンサー、磁場中の運動、電磁誘導 電磁気 空所補充
気体の状態変化とピストンの単振動 熱力学・力学 空所補充
光波の干渉、全反射 波動 空所補充

傾向と対策

毎年大問数は4題です。2015年からは新課程になりましたが、例年通り、力学、電磁気、熱力学、波動の4分野から出題されました。幅広い範囲から出題されるので、苦手分野を減らすような学習をしてください。基本的な問題が多いので、ミスなく確実に得点することが大切です。また、計算する問題も出題されます。計算問題に慣れておき、速く正確に計算できるように対策しましょう。見慣れない問題が出題されることもありますが、題意が解れば正当できることが多いです。時間配分に気をつけながら、落ち着いて解くよう心がけてください。

化学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
凝固点降下 理論 選択・記述
溶解度積 理論 記述
炭化水素の反応 有機 記述
合成樹脂の生成反応 有機 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
非金属の電気陰性度、反応熱、pH 計算 理論・無機 空所補充・選択・記述
ラウールの法則 理論 記述
油脂 有機 空所補充・記述
鉄の性質、生成熱、溶解度積、ヘモグロビン 無機・有機 空所補充・記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
炭酸ナトリウム、中和、水和物 無機・理論 空所補充・記述
電気分解、気体 理論 空所補充・記述
炭化水素、構造決定 有機 選択・記述
ビタミンC(アスコルビン酸) 有機 記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
オストワルト法 無機 空所補充・記述
活性化エネルギー 理論 選択・記述
脂肪族 有機 選択・記述
グルタチオン 有機 選択・記述

傾向と対策

大問数は4題~5題で、典型的な問題が多いです。有機化学の分野からの出題が多いです。有機化学の中でも特に生命科学や天然物については頻出なので、しっかり押さえておきましょう。天然物については、発展的な知識を問われることもあります。問題文をよく読まないと解けないような設問もありますので、過去問などを使って演習しておくと良いです。また、理論化学に関する計算問題がよく出題されので、練習を重ねて慣れておくと良いです。典型的な問題は確実にミスなく解答し、応用問題も得点を稼げるよう対策しましょう。

生物

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
細胞骨格、性染色体、細胞分裂、受精、発生 生命現象と物質、生殖と発生 選択・記述
生体膜、細胞小器官、呼吸、発酵 生命現象と物質 選択・記述
幹細胞の増殖と分化、遺伝子発現の調節 生命現象と物質 選択・記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
眼の誘導、眼の構造・機能 生殖と発生・生物の環境応答 空所補充・選択・記述
酵素反応、タンパク質の構造 細胞と遺伝子・生命現象と物質 選択・記述
細胞接着、細胞増殖、遺伝子発現調節 細胞と遺伝子・生命現象と物質 選択・記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
光屈性、オーキシンのはたらき 環境と植物の反応 選択・記述
自律神経、浸透圧調節、動物の器官形成、尿形成、動物のホルモン 環境と動物の反応・生命の連続性 空所補充・選択・記述
カエル胚の遺伝子発現の調節 生命現象と物質 選択・記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
ニワトリ表皮の誘導、ホメオティック遺伝子、タンパク質 発生 空所補充・選択
立体構造、消化酵素、抗体 タンパク質と生物体の機能 空所補充・選択・記述
受容体タンパク質の作用機構 タンパク質と生物体の機能、遺伝子 選択・記述

傾向と対策

大問数は毎年3題と少なめです。実験を考察する問題や図やグラフの問題が毎年出題されます。ここ数年は、遺伝子発現調節に関する考察問題が毎年出題されています。2015年はこの考察問題の中で、新課程の細胞接着の知識が問われました。考察問題は過去問を十分演習しましょう。また、教科書や資料集に載っている実験はよく理解しておくことをおすすめします。考察問題以外は基本的な出題も多いので、典型的な問題は確実に解けると良いです。

小論文

2016年度

600字60分
内容
日本人の得手不得手に触れながら、ガバナンスのあり方について述べる。
ネズミの背中で再生したヒトの耳の写真を見て、再生医療について思うことを述べる

2015年度

600字60分 内容
日本国内の医師偏在の解消に向けて、どのような対策を講じればよいか、自分の考えを述べる。
病気治療のため煙草を禁じられた自分の大切な人が、隠れて喫煙していたとき、自分が取る対応を述べる。

2014年度

600字60分
内容
研究におけるデータねつ造事件が後を絶たない現状について、自分の考えを述べる。
1963年から2012年までの、日本における救急出動件数と、救急車による患者の搬送人数を表した統計グラフを見て、救急医療の課題と対策についてのべる。

2013年度

600字60分
内容
災害発生時、避難指示が発令されたにもかかわらず、聞き入れず危険にさらされた友人に対してどう思うか。自分の意見を述べる。

面接

2016年度

形式:集団討論、個人面接所要時間
時間:集団討論:30分、個人面接:10分

会場の配置
(集団討論)面接官:3名、受験生:6名、(個人)面接官:3名、受験生:1名

質問内容
(集団討論)
・与えられたテーマについて意見を述べ合う。議題テーマは「医師の給料について」「1人前になるということについて」「SNSを教育に生かすには」「日本人らしさについて」等。

(個人面接)
・医師志望理由
・本学志望理由
・集団討論ではうまく自分の意見を述べることができたか
・目指す医師像
・受験勉強について
・尊敬する人は誰か

2015年度

形式:集団討論、個人
時間:集団討論30分、個人10分

会場の配置
集団討論)面接官:3名、受験生:6名、個人)面接官:3名、受験生:1名

質問内容
・「髪型について」「趣味について」などについて意見を述べ合う(集団)
・医師志望理由
・本学志望理由
・集団討論ではうまく自分の意見を述べることができたか
・目指す医師像
・受験勉強について
・尊敬する人は誰か
・併願校について

2014年度

形式:集団討論、個人
時間:集団討論30分、個人10分

会場の配置
集団討論)面接官:3名、受験生:6名、個人)面接官:3名、受験生:1名

質問内容
・「校則について」「修学旅行について」などについて意見を述べ合う(集団)
・医師志望理由
・本学志望理由
・集団討論ではうまく自分の意見を述べることができたか
・目指す医師像
・地域医療について
・尊敬する人は誰か
・併願校について

2013年度

形式:集団討論、個人
時間:集団討論30分、個人10分

会場の配置
集団討論)面接官:3名、受験生:6名、個人)面接官:3名、受験生:1名

質問内容
・「代理母出産の是非について」などについて意見を述べ合う(集団)
・医師志望理由
・本学志望理由
・地域医療について
・目指す医師像

医学部 無料受験相談

PAGETOP