E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 日本大学医学部 受験対策・勉強法

日本大学医学部 受験対策・勉強法

日本大学医学部に合格したい受験生必見!日本大学医学部合格に必要な受験対策、勉強法についてご紹介。入試問題の傾向と対策から「いつまでになにをどのように」勉強すればいいかまで、武田塾メディカルが全公開!

英語

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
空所補充 文法 選択
誤り指摘 文法 選択
空所補充 文法 選択
「eラーニングと従来の学習との違い」についての長文問題 人文系(約200語) 選択
内容一致 会話文 選択
「凝固しない血液を持つ母親」についての長文問題 物語・医療系(約400語) 選択
「レイノー病を持つ男性」についての長文問題 医療系(約600語) 選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
空所補充 文法 選択
誤り指摘 文法 選択
空所補充 文法 選択
「盗作をした医学生」についての長文問題 社会系(約250語) 選択
内容一致 会話文 選択
「失敗から学ぶ」についての長文問題 人文・医療系 (約250語) 選択
「現代医学での患者への思いやりの大切さ」 医療系 (約600語) 選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
空所補充 文法 選択
誤り指摘 文法 選択
空所補充 文法 選択
「ある医師による演説」についての医療系約100語の長文問題 読解 選択
内容一致 会話文 選択
「一般開業医の重要性」についての医療系約250語の長文問題 読解 選択
「医師と患者のやりとりのひな形」についての医療系約700語の長文問題 読解 選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
空所補充 文法 選択
誤り指摘 文法 選択
空所補充 語彙 選択
内容説明 会話文 選択
「医学雑誌『ジャーナル』への投稿規程」についての約150語の長文問題 読解 選択
「患者との出会いと意思疎通の図り方」についての約600語の長文問題 読解 選択
単語完成問題 語彙 記述
「3.11東日本大震災が環境意識に与えた影響」についての自由英作文 英作文 記述

傾向と対策

大問数は2010年からずっと8題でしたが、2016年度は7題に減りました。出題形式は2014年からすべてマーク式です。以前は英作文の設問がありましたが、2014年からは出題されていません。文法問題は毎年15題出題されるので、十分対策してください。難しい慣用句がたびたび出題されます。読解や会話文は医療に関係する内容が多くなっています。対策としては、標準的な難易度の文法を仕上げ、日ごろから意識して、日本語、英語に関わらず医療に関連する文章に触れると良いと思います。

数学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
無理数の整数部分と小数部分、2次方程式の実数解条件、正弦定理、反復試行の確率 数と式、2次方程式、図形と計量、確率 空所補充
3次方程式、三角関数の最大最小、指数対数の方程式、桁数、漸化式、無限等比級数 複素数と方程式、三角関数、指数対数、極限 空所補充
三角形の外心、方べきの定理 平面ベクトル 空所補充
面積、関数の極限、最大値 極限、微積分 記述
2曲線が接する条件、回転体の体積 微積分 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
無理数の計算、正弦・余弦定理、2次方程式の解の範囲、定積分の計算、2 次関数の最大値 数と式、三角比、 次関数、積分法 空所補充
対数不等式、円と直線、数列の最大値、重複組合せ 対数、図形と方程式、数列、場合の数 空所補充
三角形の面積、垂線と直線・平面との交点、四面体の体積 空間ベクトル 空所補充
増減・グラフ、面積 微・積分法 記述・描図
領域の図示、領域における最大最小 図形と方程式 記述・描図

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
2 次方程式の解の範囲 2次関数 記述
グラフの平行移動 2次関数 記述
玉を取り出す確率 確率 記述
垂直 2 等分線の方程式 図形と方程式 記述
分数型漸化式 数列 記述
常用対数の利用 対数関数 記述
交点のベクトル 平面ベクトル 記述
回転行列 行列 記述
円の接線、無限等比級数 図形と方程式・極限 記述
10 交点のベクトル、四面体の体積 空間ベクトル 記述
11 積分漸化式、無限級数 積分法 記述
12 円の接線、無限等比級数 図形と方程式・極限 記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
指数関数と対数関数の値 指数関数・対数関数 記述
放物線と直線の交点 2次関数 記述
折れ線の最小値 図形と方程式 記述
三角形の外接円の孤の長さ 図形の計量 記述
不等式の領域と変域 図形と方程式 記述
平面と直線の交点 空間のベクトル 記述
桁数と常用対数 指数関数・対数関数 記述
双曲線の離心率 式と曲線 記述
ランダムウォーク 場合の数と確率 記述
10 三角関数の面積の極限 極限・積分法 記述
11 漸化式で定義された数列の極限 極限 記述

傾向と対策

毎年大問数は4題~5題で、試験時間は74分です。2次関数、三角比、微分積分、極限、図形と方程式、行列から出題される問題が多いです。特に図形に関係する問題が頻出します。ただし小問は幅広い分野から出題されます。基本的な問題が多いのでミスなく解くことが大切です。過去と似たような問題が出題されることがありますので、過去問をよく演習してください。また、時間が足りなくなることが多いです。典型的な問題は、解法を覚えてしまうのも良いでしょう。

物理

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
波の式 波動 選択
放射性原子核の崩壊、原子核のエネルギー 原子 空所補充
仕切りのある円筒容器内の気体の状態変化 熱力学 空所補充
電磁誘導 電磁気 選択
箱内の小球の運動 力学 空所補充

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
X 線の発生、水素原子のスペクトル、原子核の崩壊 原子 空所補充
1 つのばねの端に付けられた2 物体の単振動 力学 空所補充・選択
ピストンにばねが付けられた気体の状態変化 熱力学 空所補充
光の反射、凸・凹レンズによる像 波動 空所補充
コンデンサー、極板間引力 電磁気 空所補充

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
波の屈折 波動 空所補充
万有引力による運動 力学 空所補充・選択
熱量保存の法則 熱力学 空所補充
抵抗とコンデンサーを含む直流回路 電磁気 空所補充
剛体のつり合い 力学 選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
音波(ドップラー効果、うなりなど) 波動 空所補充
レンズ、眼のしくみ 波動 空所補充
つり合い、運動方程式、単振動 力学 選択
コンデンサー 電磁気 選択
ピストンのつり合い、気体の状態変化、電力 熱力学・電磁気 空所補充

傾向と対策

大問数は4題~5題です。幅広い分野から、基本~標準的な問題が出題されます。典型的な問題は一通り目を通すと良いです。年によって難易度は変わることがありますので、やや発展的な問題も学習しておくと安心です。また、計算問題が多く、数学と同様に、速く正確に解く力が求められます。全範囲から出題されますが、レンズの分野や気体の状態変化の分野は頻出なのでよく理解しておきましょう。

化学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
セッケン 有機 空所補充・選択
気体の法則 理論 空所補充・選択
コバルトの錯イオンの分析 理論 空所補充・選択
電離平衡 理論 空所補充・選択
アミノ酸の電離 理論、有機 空所補充・選択
芳香族化合物の構造決定と異性体 有機 空所補充・選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
イオン分析 無機 空所補充・選択
直列回路、並列回路 理論 選択
元素分析と有機物の性質 有機 空所補充・選択
有機物の区別法 有機 空所補充・選択
ペプチドのアミノ酸配列 有機 空所補充・選択
浸透圧とタンパク質の加水分解 無機 選択
金属塩の性質とイオン交換樹脂、再生繊維 無機・有機 空所補充・選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
小問 - 選択
中和滴定、格子エネルギー 理論 空所補充・選択
酸化還元 理論 選択
有機化合物の分離、構造式決定 有機 空所補充・選択
油脂、高級脂肪酸 有機 空所補充・選択
結晶格子 理論 空所補充・選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
小問 - 選択
電離定数 理論 空所補充・選択
電気分解・熱 理論 空所補充・選択
脂肪族 有機 空所補充・選択
有機 空所補充・選択

傾向と対策

大問数は6題~7題で、すべてマーク式です。試験時間は理科2科目で120分と長くはありませんが、難易度は高くなく、計算量も多くありません。合格には高得点をとることが必要です。対策としては、基本的~標準的な問題集や典型的な問題をできるだけ沢山こなすことをおすすめします。また、計算力と考察力を高める学習も必要です。問題集にある考察問題はよく演習してください。十分対策すれば、高得点がとれます。

生物

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
核酸、複製、転写、コドン 細胞と遺伝子、生命現象と物質 選択
細胞骨格、モータータンパク質 生命現象と物質 選択
MHC、移植、クローンヒツジ 生命現象と物質 選択
オーキシン 生物の環境応答 選択
進化、系統 生物の進化と分類 選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
ABC モデル、ホメオティック遺伝子、ホメオボックス 生命現象と物質・生物の環境応答 選択
光合成のしくみ、酸化的リン酸化 生命現象と物質 選択
血液、血液凝固、酸素解離曲線、循環系 生物の体内環境の維持・生命現象と物質 選択
恒常性 生物の体内環境の維持 選択
個体群、r戦略とK戦略、生活形スペクトル 生物の多様性と生態系・生態と環境 選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
細胞、共生説、3ドメイン説 細胞と組織・ 生物の進化と分類 選択
体細胞分裂、DNA の複製 細胞と組織・ 生命現象と物質 選択
マクサム・ギルバート法 生命現象と物質 選択
活動電位、伝導、伝達、神経繊維 環境と動物の反応 選択
酸素濃度・二酸化炭素濃度の変遷、植物の生活環 生物の進化と分類 選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
発生と遺伝子 遺伝子 選択
集団遺伝 生物の多様性 選択
受容器 刺激の受容と反応 選択
体液の浸透圧 内部環境の恒常性 選択
個体群 生物の集団と環境 選択

傾向と対策

大問数は例年5題です。ほとんどが基本的~標準的な内容ですが、考察問題、計算問題や細かい知識が求められる設問もあります。過去には二酸化炭素の歴史など、やや発展的な内容もありました。特に人に関係する分野は、教科書だけでなく資料集も確認しておくと良いです。考察問題や計算問題はよく演習し、対策してください。毎年、生態系、進化・分類の分野から出題されます。この分野はよく理解しましょう。

小論文

2016年度

800字60分
内容
稲垣良典『恵みの時』を読み、「見る」という働きについての筆者の理解を説明し、その理解が私たちの日常生活のあらゆる場面でどのように重要であるかについて自分の考えを述べる

2015年度

800字60分 内容
河合隼雄著『こころの処方箋』を読み、著者の考え方について説明し、「自立」についての自分の考えを述べる。

2014年度

内容:公表不可

2013年度

741~800字60分
内容
筒井康隆『小説のゆくえ』“自分のことば”の抜粋を読んで、自分の意見を踏まえて筆者の想いを述べる

面接

2016年度

形式:個人面接
時間:10~15分

会場の配置
面接官:3名、受験生:1名

質問内容
・医師志望理由
・本学志望理由
・家族について
・高校生活・部活動について
・どんな医師になりたいか、そのためには何をすべきか
・最近の医療問題について
・自分の長所と短所
・安楽死について
・友人と親友の違い

2015年度

形式:個人2回
時間:10分2回

会場の配置
面接官:2名、受験生:1名

質問内容
・医師志望理由
・本学志望理由
・家族について
・高校生活・部活動について
・どんな医師になりたいか、そのためには何をすべきか
・最近の医療問題について
・リーダーシップについて
・少子高齢化について
・コミュニケーションに必要なことは何か

2014年度

形式:個人2回
時間:10分2回

会場の配置
面接官:2名、受験生:1名

質問内容
・医師志望理由
・本学志望理由
・家族について
・高校生活・部活動について
・どんな医師になりたいか、そのためには何をすべきか
・最近の気になるニュースについて
・チーム医療とは
・地域の医師不足について
・独居老人について

2013年度

形式:個人2回
時間:5~10分2回

会場の配置
面接官:2名、受験生:1名

質問内容
・医師志望理由
・本学志望理由
・家族について
・高校生活・部活動について
・どんな医師になりたいか、そのためには何をすべきか
・良い医師、良い病院とは
・延命治療を拒否する患者に対して医師としてどう対応するか

医学部 無料受験相談

PAGETOP