E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 埼玉医科大学医学部 受験対策・勉強法

埼玉医科大学医学部 受験対策・勉強法

埼玉医科大学に合格したい受験生必見!埼玉医科大学合格に必要な受験対策、勉強法についてご紹介。入試問題の傾向と対策から「いつまでになにをどのように」勉強すればいいかまで、武田塾メディカルが全公開!

 

英語

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
空所補充10題 文法 選択
空所補充 英作文 選択
非公表 読解 選択
非公表 読解 選択
非公表 読解 選択
非公表 読解 選択
非公表 読解 選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
空所補充 文法 選択
空所補充 会話文 選択
空所補充 読解 選択
語句整序 会話文 選択
説明、内容一致 会話文 選択
説明、内容一致 読解 選択
空所補充、説明、内容一致 読解 選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
空所補充 文法 選択
空所補充 会話文 選択
60~100語程度の5つの長文問題 読解 選択
語句整序 会話文 選択
内容一致 会話文 選択
各100~200語の6つの長文問題 読解 選択
「目標を達成するためには」についての長文問題 読解 選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
空所補充 文法 選択
空所補充 会話文 選択
各約70語の5つの長文問題 読解 選択
「私の生涯と学習」についての約250語の長文問題 読解 選択
文整序 読解 選択
各100~400語の8つの長文問題 読解 選択
「世界を変えたアンネの日記が生まれた経緯」についての約550語の長文問題 読解 選択

傾向と対策

大問数は7題で、マーク式の問題が50問~60問出題されます。長文問題が多く出題されます。一つ一つの文章は短いですが、いくつもの英文が出題され、語数としては多めです。難しい語彙は必要ありませんが、頭を切り替えて次々に読んでいくことが大切です。多くの文章では、はじめに筆者の主張が述べられ、その後に具体例が述べられます。文章の流れを理解して要領よく読解しましょう。文法問題は倒置や反復、対比の設問が多く、文脈から判断するような問題もあります。

数学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
不定方程式の整数解、逆関数、導関数、余弦定理、面積公式、正五角形 整数、関数、図形と計量、平面ベクトル 空所補充・選択
無限級数 極限 空所補充・選択
2曲線が共有点をもつ条件、面積 微積分 空所補充
条件つき確率 確率 空所補充

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
式の値 数と式 選択
解と係数の関係 二次方程式 選択
2変数の存在条件と対数関数 対数関数 選択
関数の極限 極限 選択
回転移動とベクトルの和 ベクトル 選択
合成関数の微分法、媒介変数表示された曲線と面積 微積分 選択
玉を取り出して得る得点の期待値と、その最大値 確率 選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
式の値 数と式 空所補充
解と係数の関係 複素数と方程式 空所補充
領域における最大最小 図形と方程式 空所補充
収束する条件、極限値の計算 極限 空所補充
点列、等比数列の和 平面ベクトル 空所補充
導関数、最大最小、面積 微・積分法 空所補充
玉を取り出す確率、期待値の最大値 確率 空所補充

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
因数分解 方程式と不等式 空所補充
正弦定理と余弦定理 図形と計量 空所補充
約数の個数と和 場合の数と確率 空所補充
三角不等式 三角関数 空所補充
三角形の面積の最大値 空間のベクトル 空所補充
対数不等式の表す領域の面積 積分法の応用 空所補充
反復試行と期待値 場合の数と確率 空所補充

傾向と対策

大問数は4題、すべてマーク式の問題です。試験時間は60分で問題量に対して短めです。時間配分に注意し、スピードに気をつけて解答してください。場合の数と確率、微分積分は頻出ですが、小問は様々な範囲から出題されます。頻出範囲を中心に満遍なく学習しましょう。図形に関する設問が例年出題されています。図を描きながら解答する練習をしておくと良いです。

物理

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
力のつり合い、単振り子 力学 空所補充・選択
電流計、電圧計 電磁気 空所補充・選択
複スリットを用いた光の干渉実験 波動 空所補充・選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
運動量保存、振り子 力学 選択
コンデンサー 電磁気 選択
気体の状態 熱力学 選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
放物運動、衝突、単振り子 力学 選択
過渡現象、キルヒホッフの法則 電磁気 選択
ピストンにばねがつけられた場合の気体の状態変化 熱力学 選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
等加速度運動、衝突 力学 空所補充・選択
交流回路 電磁気 空所補充・選択
ラザフォード散乱 原子 空所補充・選択

傾向と対策

大問数は3題で、力学、熱力学が1題ずつと、電磁気学または原子から1題出題されます。原子の分野から出題される頻度が高いので、忘れずに学習してください。難問はほとんど出題されませんが、煩雑な計算問題が出ます。知識は基礎を固め、計算力をつけると良いです。設問によって難易度に差があります。試験時間は50分と短めですので、解き易い問題から解答しましょう。

化学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
理論4題、無機2題 小問集合6題 空所補充・選択
鉛蓄電池、緩衝液 理論 空所補充・選択
15族の元素 理論、無機 空所補充・選択
不飽和炭化水素基をもつ化合物 有機 空所補充・選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
非公表

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
小問 6 題 - 選択
反応速度 理論 空所補充・選択
酸化還元、カルシウム 理論・無機 空所補充・選択
高分子化合物 有機 空所補充・選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
反応熱 理論 空所補充・選択
混合気体 理論 選択
金属元素 無機 選択
サリチル酸・糖類 有機 空所補充・選択

傾向と対策

大問数は4題で、試験時間は理科2科目で100分です。基本的な問題から難問まで、様々な難易度の問題が出題されます。基礎的な問題は時間をかけずに確実に解答し、計算問題や難しい問題に時間を残すと良いです。理論分野の計算問題が頻出です。化学平衡や中和滴定、熱化学方程式を繰り返し演習しましょう。また、無機化学からはイオン化エネルギーや化学結合、有機化学からは生命化学がよく出題されます。

生物

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
呼吸 生命現象と物質 選択
遺伝子発現の調節、PCR 法 生命現象と物質 選択
分子系統樹、集団遺伝 生物の進化と分類 選択
アフリカツメガエルの核移植実験 細胞と遺伝子、生殖と発生 選択
ショウジョウバエの発生 生殖と発生 選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
光合成,呼吸,発酵,窒素同化 同化,異化 選択
カエルの受精,発生 生殖,発生 選択
動物の組織,イモリ眼の発生,遺伝,魚類の浸透圧調節,五界説,植生,生態系 小問 選択
コドン,血糖量調節,自律神経,血液凝固,動物の系統,示準化石,人類の進化,共生,生産構造図,遷移 小問 選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
光合成、呼吸、窒素同化、呼吸商 生命現象と物質 空所補充・選択
発生、母性因子、中胚葉誘導、多精拒否 生命の連続性 選択
動物の組織、目の誘導、遺伝、遺伝子発現の調節、魚類の浸透圧調節、五界説、垂直分布、生態系の物質収支 小問 選択
遺伝子、ホルモン、自律神経、血液凝固、分類、進化、片利共生、生産構造図、遷移 小問 選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
塩基数、選択的スプライシング、PCR 遺伝子 空所補充・選択
神経の交叉 刺激の受容と反応 空所補充・選択
細胞分裂、遺伝、ホルモン、遷移 小問 選択
体液、腎臓、花芽形成、代謝 小問 選択

傾向と対策

大問数は4題程度で、そのうち2題は小問集合です。大問2題は標準的な内容ですが、複数の分野に跨っており、複数の範囲の設問が出題されます。その中でも核酸、代謝、恒常性、生態系は頻出です。小問は基本的な設問が多いです。ミスなく確実に得点できるよう、全範囲を満遍なく学習しましょう。実験問題はやや発展的で、問題文を読み取り分析する必要があります。過去問などを演習して、分析のやり方を練習してください。

小論文

2016年度

内容:公表不可

2015年度

マーク式60分「ブルバキ数学史」二コラ・ブルバキ
「機械の中の幽霊」アーサー・ケストラー

2014年度

マーク式60分
本田由紀著『多元化する「能力」と日本社会』、中村桃子著『女ことばと日本語』など課題文(大問4題)を読み、計29問に答える。

2013年度

マーク式60分
サンドラ・ブレイクスリー著『脳のなかの幽霊』V.S.ラマンチャンドラン、青山和夫著『マヤ文明—密林に栄えた石器文化』など課題文(大問4題)を読み、28問に答える。

面接

2016年度

形式:個人
時間:10~15分

会場の配置
面接官:4名、受験生:1名

質問内容
・本学志望理由
・医師志望理由
・高校生活・部活動について
・予備校生活について
・併願校について
・親の職業について
・得意・不得意な科目
・大学で勉強以外に何がしたいか
・趣味について

2015年度

形式:個人
時間:10~15分

会場の配置
面接官:4名、受験生:1名

質問内容
・医学部志望理由
・本学志望理由
・高校生活、部活、高校の成績について
・高校時代で一番思い出に残っていること
・得意科目と苦手科目について
・出身高校はどんなところか
・浪人生活で得たこと
・友人について
・最近読んだ本について

2014年度

形式:個人
時間:10~15分

会場の配置
面接官:4名、受験生:1名

質問内容
・本学志望理由
・医師志望理由
・高校生活・部活動について
・併願校について
・出身地について
・得意・不得意な科目

2013年度

形式:個人
時間:10~15分

会場の配置
面接官:2~4名、受験生:1名

質問内容
・本学志望理由
・医師志望理由
・高校生活・部活動について
・尊敬する人
・最近気になったニュース
・併願校について

医学部 無料受験相談

PAGETOP