E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 滋賀医科大学医学部 受験対策・勉強法

滋賀医科大学医学部 受験対策・勉強法

滋賀医科大学に合格したい受験生必見!滋賀医科大学合格に必要な受験対策、勉強法についてご紹介。入試問題の傾向と対策から「いつまでになにをどのように」勉強すればいいかまで、武田塾メディカルが全公開!

 

英語

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
「恐怖を煽る事象に対する人間の心理の偏向」に関する説明文(内容説明) 科学系(約900語) 選択・記述
「背骨の湾曲を手がかりとしたイングランド王・リチャード3世の遺体特定作業」に関する説明文(内容説明、語意) 科学系(約900語) 記述
大問1に関する「人が感じる恐怖と実際の危険度の乖離についての体験」についての自由英作文(約130語) 英作文 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
「知らない人とのコミュニケーションの利点」についての長文問題 科学系(約750語) 選択・記述
「絶滅した生物を蘇らせることの弊害」についての長文問題 科学系(約800語) 記述
「知らない人との関わりによる意義のある結果をもたらした経験」というテーマで120~150語の自由英作文 英作文 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
「複数の自然情報を知覚する重要性」についての長文問題 科学系(約900語) 選択・記述
「プラスチック微粒子による湖の汚染の影響」についての長文問題 科学系(約600語) 選択・記述
「あなたの人生に大きな影響を与えた経験」について150語程度の自由英作文 英作文 記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
論説文「太古の植物の再生」についての約700語の長文問題 読解 記述
論説文「アメリカで映画が普及した背景」についての約800語の長文問題 読解 記述
「笑いが起こる原因や状況と本質」というテーマで150語程度の自由英作文 英作文 記述

傾向と対策

問題数は例年3題で、長文2つと自由英作文が1題出題されます。長文は様々な分野の文章が出題されます。記述で解答する設問が多いので時間がかかりがちです。スピードを意識して解きましょう。自由英作文は「120語~150語」や「150語程度」と毎年100語以上書く必要があります。繰り返し演習して時間内に答案を作ることができるようになりましょう。英文の作文が苦手な方は、まず、英語のエッセイを書く型を身に着けると良いです。エッセイは序論、ボディ、結論をこの順に記述します。序論には一般常識または現状と自身の考え(2文程度)、ボディには体験談と理由(語数はここで稼ぐ)、結論には自身の考えを表現を変えて再度書く(2文程度)を基本構造として書いてみましょう。

数学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
重心、垂心、外心、内心を表すベクトル 数B 記述
集合で表された有理数に関する証明 数Ⅰ 記述
双曲線に関する証明、関数の極限 数Ⅲ 記述
逆関数、2曲線で囲まれた面積 数Ⅲ 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
回転体の体積 積分法 記述
接線、加法定理 微分法、三角関数 記述
方程式への応用、数列の極限 微分法の応用、極限 記述
反復試行 確率 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
反復試行の確率 確率 記述
四面体の空間座標 ベクトル 記述
2曲線で囲まれた面積、無限級数 微・積分法 記述・描図
不等式への応用 微・積分法 記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
数学的帰納法、極限 数列・極限 記述
円の性質 平面図形 記述
一次変換、整数 行列 記述
不等式で表された領域の面積、回転体の体積 積分法 記述

傾向と対策

大問数は4題~5題で、証明問題がいくつも出題されます。図形と方程式、確率、微分積分の範囲は頻出です。難易度が高く、計算量も多い問題が出題されます。学習するときは最後まで計算するようにして計算力をつけましょう。また、試験中は解きやすそうな設問から解答するように心がけてください。証明問題が多いので、練習しておく必要があります。証明問題が苦手な方は、まずは教科書に載っている公式を自力で導いてみると良いです。

物理

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
気体の状態変化、熱力学第一法則 熱力学 空所補充・記述
コンデンサーへの誘導体の挿入、極板間隔の変化 電磁気 空所補充・記述
複数のばねにつながれた物体の運動 力学 空所補充・記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
質量分析計、ローレンツカ 電磁気 空所補充・記述
回転する円板の運動 力学 空所補充・記述・描図
ドップラー効果 波動 空所補充・記述・描図

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
万有引力 力学 空所補充・記述
電磁誘導 電磁気 空所補充・記述
熱サイクル 熱力学 空所補充・記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
変圧器・交流回路 電磁気 空所補充・記述
地球の自転が物体の運動に与える影響 力学 空所補充・記述
薄膜での屈折・干渉 波動 空所補充・記述

傾向と対策

大問数は3題で、力学と電磁気学から1題ずつと、熱力学または波動の問題が1題出題されます。力学からは単振動、重心、円運動の分野、電磁気学からは電磁誘導、ガウスの法則、荷電粒子の分野が頻出です。難しい問題が多いのが特徴です。論述問題や微分積分を用いて解く設問が出題されます。学習するときは覚えるだけでなく、よく理解しましょう。誘導が多く、問題文が長いので、読解力と題意を読み取る練習が必要です。

化学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
炭素関連物質の結晶構造、二酸化炭素の状態変化 理論・無機 空所補充・記述
溶解度積、アルミニウムと亜鉛の反応 理論・無機 空所補充・記述
芳香族化合物の構造決定、合成樹脂 有機 空所補充・記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
気体の法則、化学平衡、アンモニアの性質 理論・無機 記述
硫酸の合成と電離、ヨウ素滴定 理論・無機 空所補充・記述
カルボニル化合物、糖の構造、高分子化合物 有機 空所補充・記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
電離平衡、二段滴定 理論 空所補充・記述
無機総合、コロイド 理論・無機 記述
N原子を含む芳香族 有機 空所補充・選択・記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
熱・溶解度・凝固点など 小問 空所補充・ 記述
ハロゲン(非金属)・溶解度積 無機 記述・描図
芳香族・合成高分子 有機 空所補充・選択・ 記述

傾向と対策

大問数は3題、試験時間は理科2科目で150分です。理論化学からは格子、化学平衡、無機化学からは酸化・還元、中和滴定、元素の性質と反応、電気分解、有機化学からは有機化合物の構造を決める問題が頻出です。実験に関係する問題が出題されます。出題形式は操作の方法や論述問題が多いです。化学的知識を身の回りの現象と関連させて考察する問題も出題されます。これらに発展的な問題にも対応できるよう、よく理解することが大切です。計算過程も書くので、解答を作る練習もしましょう。

生物

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
免疫、iPS 細胞 生物の体内、環境の維持、生殖と発生 空所補充・選択・記述
筋収縮 生物の環境応答 空所補充・記述
細胞骨格、細胞接着 細胞と遺伝子 空所補充・ 記述
進化、遺伝子、ガラパゴスフィンチのくちばしについて 生態と環境、生物の進化と分類 空所補充・ 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
PCR 法、突然変異 遺伝情報の発現 選択・記述
ゾウリムシの浸透圧調節 細胞 記述
移植片の拒絶反応 内部環境の恒常性 空所補充・ 記述
胚膜、陸上化、窒素排出物の変化 進化 空所補充・ 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
細胞膜の構造とはたらき、浸透圧 生物体とタンパク質 空所補充・記述
細胞周期、細胞融合 細胞から個体へ 選択・記述
花の形態形成のABCモデル、突然変異 遺伝情報と形質発現 空所補充・選択・記述
動物の神経系、中枢神経、反射中枢 刺激に対する動物の反応 空所補充・選択・記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
タンパク質の構造とはたらき、酵素反応の特徴 生物体とタンパク質 空所補充・記述
一遺伝子一酵素説、集団遺伝 遺伝情報と形質発現 空所補充・記述・描図
両生類の発生 動物の発生としくみ 空所補充・選択・記述
免疫、2次応答 生物体とタンパク質 空所補充・記述

傾向と対策

大問数は4題で、人体や動物に関する出題が多いです。知識問題は教科書に載っているような基本的な知識を問われます。ミスなく確実に得点できるよう、正確な基礎知識を身につけましょう。論述問題が多く出されます。字数制限がないことが多いので、簡潔にまとめてください。実験に関係する問題が出題されます。実験については、目的や方法(特に器具の使い方)、結果(データの読み方など)を学習しましょう。また、描図する設問もありますので、図やグラフは自分で描いてみると良いです。進化・分類分野からの出題が増えています。忘れずに学習してください。

小論文

実施しない

面接

2016年度

形式:集団討論
時間:30分

会場の配置
面接官:3名、受験生:6名

質問内容
・与えられたテーマについて個々が意見を述べ合う。テーマは「寿司職人の手袋着用についての海外の法規制」等

2015年度

形式:集団討論
時間:30分

会場の配置
面接官:3名、受験生:6名

質問内容
・出頭しなければ万引き犯の顔写真をネット上に公開する、と予告した事件について

その他
与えられたテーマについて個々が意見を述べ合う。

2014年度

形式:集団討論
時間:30分

会場の配置
面接官:3名、受験生:6名

質問内容
・無 料 の ネ ッ ト 講 座“MOOC( ム ーク)”のシステムについてと、そのメリットとデメリット
・海外留学者が減少したことによる日本への影響

その他
与えられたテーマについて個々が意見を述べ合う。

2013年度

形式:集団討論
時間:30分

会場の配置
面接官:3名、受験生:6名

質問内容
・『意思表示のできない父親のいる家族が、延命治療を行うかどうかの決断で安楽死を選んだ』という想定で、自分が家族だった場合、医師だった場合どんな決断をするか

その他
与えられたテーマについて個々が意見を述べ合う。

医学部 無料受験相談

PAGETOP