E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト ‎志望校の選び方‬ vol1.私立・国公立はこんなに違う

‎志望校の選び方‬ vol1.私立・国公立はこんなに違う

私立大学医学部、国公立大学医学部のどちらにするかを決める

まず、私立大学と‪国公立大学の医学部では学費・難易度・受験に必要な教科と対策の仕方が全く異なりますので、最初にどちらにするかを決めておかなくてはなりません。

学費・学納金から考える

学費・学納金一覧はこちら

国公立大学の学費はどの大学でも共通しており、6年間で350万と決まっています。対して、私立大学医学部は最も安いのが順天堂大学医学部の2080万円、最も高いのは川崎医科大学の4550万円と国公立と比べて桁が一つ違います。(※自治医科大学、産業医科大学は除く)

そのため、受験する以前に合格したとしてもどの大学なら可能なのかをしっかり検討する必要があります。

ただ、私立大学の学費が高いとはいっても各種奨学金制度によって6年間の学費をほぼ「ゼロ」にすることもできるのです。私立大学はお金持ちしか入学できないイメージはありますが、そう思われることは大学側からしても不本意ですし、優秀な学生を獲得したいために制度が毎年整えられているわけです。

いかがでしょうか?しっかりと調べた上でご家庭の事情と相談しながらどの大学であれば入学可能かを検討する必要がありそうですね。

さまざまな奨学金制度

奨学金制度一覧はこちら

奨学金制度は具体的には下記のものがあります。詳細は別ページにて。

1)日本学生支援機構の奨学金

2)自治体奨学金(地域枠)

3)大学独自の奨学金

4)学資ローン

5)矯正医官修学資金

私立・国公立大学の医学部試験の違いは?

私立・国公立大学はまず、必要な教科の数や入試制度が異なります。

私立大学は大学ごとに作成された入試問題を課す一般入試という形式ですが、国公立大学は毎年60万人ほどの受験生が受験するセンター試験を受けた後、大学ごとの二次試験を受けなければなりません。

大学によって異なりますが、私立大学の大半は英・数・理科2教科・小論文・面接である一方で、国公立大学はセンター試験があるために英・数・国・理科2教科・社会1教科・小論文・面接とされていることが多いです。

私立大学は教科数が少なく、問題も大学ごとに特色があって深く理解しておかなければ合格得点は望めないことが多いです。大学ごとにしっかり対策をしておかなければ合格が難しいと言えます。

また、国公立大学は教科数が多く、苦手教科や著しく得点が低い教科があると壁がかなり高いです。入試までの期間に7教科、8教科を仕上げなくてはならない大変さがあります。では、どんな問題が出るかと言うと、医学部ではない他の学部と一緒であることが多いのですが、他の学部では6割得点すれば合格できる一方で、医学部は8割得点しないといけない、なんてことはざらにあります。

共通して言えることは、私立・国公立のどちらを選ぶにしても高い完成度が要求されるということです。

私立大学は大学ごとの対策が特に重要、国公立大学においてはたくさんの教科を完璧にしておかなくてはいけません。

関連記事

志望校の選び方‬ vol1.私立・国公立はこんなに違う
志望校の選び方‬vol.2 難易度・出題傾向・入試制度から考える|私立大学編
志望校の選び方‬vol.3 難易度・出題傾向・入試制度から考える|国公立大学編
勉強計画・スケジュールの立て方|私立大学編
勉強計画・スケジュールの立て方|国公立大学編
大学別教科別対策一覧

こちらもおすすめ

医学部 無料受験相談

PAGETOP