E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 成績を上げる唯一の方法 vol1.「一冊を、完璧に。」

成績を上げる唯一の方法 vol1.「一冊を、完璧に。」

数学の問題を10題身につける方法

ここに10題の数学の問題があるとします。
その問題を身につけるためにはどうしたらいいのかを考え、身に付けるということはどういう過程を踏まなければならないのかを考えてみましょう。

まず習い、理解する。

10題の数学の問題が全く理解できないものであった場合、問題集の解説をみたり、授業を受けたり、講師に質問して理解していくと思います。

しかし、その方法で10題理解し、その時点で問題は解けるようになっているでしょうか?

答えはNOです。授業を聞いただけ、解説されただけ、理解しただけで問題が解けるようになるのであれば、授業にでていた生徒全員が問題を解けるようになり偏差値が伸びることになるし、今まで受けてきた授業で解説された問題が全て今でも解けるようになっているはずです。

しかし、現実はそういったことはなく、10題解説されてその直後に問題を解いてみても、数題間違えることは確実です。そのため、習った事項をどれだけわかっているかを確認するために、自分でもう一度解くことが重要になります。

自分で解き、再構築する。

習っただけでは解けるようになりません。

つまり習っただけでは身につきません。そのために「理解」したものを自分で「できる」ようになっているか確認する作業が必要になります。

では、習った問題を解きなおせば身につくのでしょうか?実はそう単純なものではありません。気をつけるべきことを下に書いておきます。

再構築し損ねたものに、×をつける。

習った10題を解きなおしたとしましょう。

そこでは解けたものと解けなかったものとにわかれるはずです。解けたものはこの時点では、身に付いたといえます。

しかし、間違えた問題に関しては、まだ身についていないためにもう一度暗記したり、理解する作業に戻る必要があります。もう一度解答解説や、教えてもらったときのノートなどを見返して、もう一度理解しなおすのです。

では、もう一度理解したら身についたことになるでしょうか?これもまた違うのです。

×のついたものをさらに解きなおす。

もう一度答を見たからと言って、できるようになったとは限りません。

あくまでも「理解」できただけであり、できるようになったかはやはりもう一度確認してみないとわからないのです。解答を見た直後とはいえ、解きなおすと驚くほどできないことはよくあります。

×のついた設問を解き直し、解けなければさらに×をつけ、×がつかなくなるまで、10題を一度は自力で正解する状態に持っていくことが大切なのです。

全問正解の状態にすることが重要

多くの受験生は学習した内容を自力で解ける段階まで持っていくことができません。できるようになっていないのに、模試や入試問題で問題を解けるわけが無いのです。

理解するにとどまらず、できるようになったか確認する、その積み重ねによって一冊を全問正解の状態にする、つまり「一冊を完璧に」していくのです。

ただ繰り返せばいいわけではない

ここまでで短い範囲を完璧にするやり方を書きましたが、この作業を繰り返すことによって、「一冊を完璧に」します。

しかし、ただ繰り返せばいいというわけではありません。その人の勉強のペース、記憶力、他の教科とのバランスなどを考慮してやらなければ非効率的な学習になってしまい、偏差値は伸びにくいものです。

そのために、武田塾メディカルでは、塾生ごとに「個別カリキュラム」を作成しています。塾生でない方も安心してください。塾生と違って毎日の細かいスケジュール管理は自分でしなくてはなりませんが、このサイトにも大学ごとにどういうペースで様々な教科の学習を進めていけばいいかがわかるよう「参考書ルート」の情報を公開していきます。

こちらもおすすめ

医学部 無料受験相談

PAGETOP