E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 東邦大学医学部 医学部 受験対策・勉強法

東邦大学医学部 医学部 受験対策・勉強法

東邦大学医学部に合格したい受験生必見!東邦大学医学部合格に必要な受験対策、勉強法についてご紹介。入試問題の傾向と対策から「いつまでになにをどのように」勉強すればいいかまで、武田塾メディカルが全公開!

英語

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
「リステリア症の原因・感染経路・病状」についての長文問題 医療系(約600語) 選択
「矛盾冷感覚に関する考察」についての長文問題 科学系(約600語) 選択
「音楽を聴きながら運動する理由」についての長文問題 医療系(約600語) 選択
「筋肉痛が起こる仕組み」についての長文問題 医療系(約650語) 選択
発音、アクセント 発音 選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
「痛風の原因とその治療法」についての長文問題 医療系約750語 選択
「注意散漫が効果を発揮するとき」についての長文問題 科学系約500語 選択
「反偽薬効果」についての長文問題 科学系約450語 選択
「髪の毛がカールする理由」 科学系約450語 選択
空所補充 文法 選択
発音・アクセント 発音 選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
「イタイイタイ病の発生要因」についての科学系約600語の長文問題 読解 選択
「蜂蜜の効用」についての科学系約400語の長文問題 読解 選択
「年齢と精神の安定」についての科学系約350語の長文問題 読解 選択
「ヒトの直立歩行に関する新説」についての人文系約400語の長文問題 読解 選択
「犬の表情からわかること」についての科学系約300語の長文問題 読解 選択
発音・アクセント 発音 選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
「ライム病を発症させるダニとウィルス」についての約600語の長文問題 読解 選択
「腱炎とその治療」についての約500語の長文問題 読解 選択
「歩行法と長寿」についての約200語の長文問題 読解 選択
「コレステロール~善玉と悪玉」についての約400語の長文問題 読解 選択
「宇宙の極限物質と新発見」についての長文読解と、「ツンドラ研究と新発見」についての約150語の長文問題 読解 選択
語句整序 英作文 選択
発音 発音・アクセント 選択

傾向と対策

毎年すべてマーク式で、大問数は6題~7題です。長文数や問題量は多いですが、一つ一つの英文が短めなので、試験時間に対しては適量です。試験中や過去問を演習するときには、時間内にすべて解ききるようにしてください。医療に関連した文章が出題されます。対策として、やや専門的な英文を読み、医学系の語彙を増やしておくと良いです。試験中に知らない単語が出てきても、前後の文脈から想像できます。落ち着いて対応しましょう。

数学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
導関数の計算 微分法 空所補充
球の方程式 空間ベクトル 空所補充
円の方程式、弦の長さ 図形と方程式 空所補充
円の接線 図形の性質 空所補充
相加相乗の不等式 式と証明 空所補充
さいころの目に関する確率 確率 空所補充
整式の除法を利用した次数下げ 複素数と方程式 空所補充
極値をもつ条件 微分法 空所補充
正弦定理、余弦定理 図形と計量 空所補充
10 1次式の積に因数分解できる条件 複素数と方程式 空所補充
11 ベクトルの内積 平面ベクトル 空所補充
12 不定方程式の整数解 整数の性質 空所補充

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
図形と方程式 放物線と直線の2 交点間の距離 空所補充
数列 等差数列、和の最小 空所補充
桁数 対数 空所補充
極限、関数の連続 極限 空所補充
加法定理の応用 三角関数 空所補充
検査法の判定に関する確率、条件つき確率 確率 空所補充
極値、対数微分法 微分法 空所補充
ドモアブルの定理 複素数平面 空所補充
交点のベクトル 平面ベクトル 空所補充
10 2 次関数・絶対値を含む1 次関数の最小値 2次関数 空所補充
11 2 変数関数の最小値、相加相乗の不等式 指数関数 空所補充
12 2 つの円柱の共通部分の体積 積分法 空所補充

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
三角関数の周期 三角関数 空所補充
さいころの目の期待値 確率 空所補充
1次変換の逆変換と合成変換 行列 空所補充
余弦定理 三角比 空所補充
方程式の整数解 数と式 空所補充
3 次関数の最大値 対数関数 空所補充
余りを求める 論理と集合 空所補充
整式を求める 式と証明 空所補充
漸化式 数列 空所補充
10 体積 積分法 空所補充
11 面積 積分法 空所補充
12 正五角形の対角線 平面図形 空所補充

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
整式の除法 複素数と方程式 空所補充
三角形の成立条件 図形の計量 空所補充
三角比の値 図形の計量 空所補充
方べきの定理 平面図形 空所補充
反復試行 場合の数と確率 空所補充
群数列 数列 空所補充
多項定理 場合の数と確率 空所補充
指数対数方程式 指数関数・対数関数 空所補充
区分求積法 極限、積分法 空所補充
10 関数の極限 極限 空所補充
11 関数の最大値 微分法 空所補充
12 行列の成分計算 行列 空所補充

傾向と対策

2012年以降から毎年すべて小問です。様々な分野の問題が出ます。基本~標準的な設問がほとんどですが、誘導が無いため解き難いこともあります。計算量も多いので、速く正確に計算できることが大切です。試験時間に対して問題数や計算量が多く、時間内に解ききることが難しい場合もあります。試験中には解き易い問題から解くように心がけ、時間配分に気をつけてください。典型的な問題は解法を覚えてしまうと効率的かもしれません。

物理

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
摩擦面でのばねにつながれた物体の運動 力学 選択
電場中での油滴の運動 電磁気 選択
万有引力 力学 選択
弦にできる定常波 波動 選択
音源が円運動するドップラー効果 波動 選択
ピストン付きシリンダー内の気体 熱力学 選択
気球内の温度 熱力学 選択
電場中での金属球の運動 電磁気 選択
磁場中での正電荷の運動 電磁気 選択
10 放射性原子核の崩壊、原子核のエネルギー 原子 選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
鉛直面内の円運動 力学 選択
剛体のつり合い 力学 選択
力学的エネルギー 力学 選択
力学的エネルギー、単振動 力学 選択
円柱の衝突、力積 力学 選択
波のグラフ 波動 選択
レンズ 波動 選択
気体の状態変化、熱力学第一法則 熱力学 選択
エネルギー保存、熱量 力学、熱力学 選択
10 断熱変化 熱力学 選択
11 点電荷がつくる電位 電磁気 選択
12 磁場中の導体棒の運動 電磁気 選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
摩擦のある斜面上での物体の運動 力学 選択
等加速度運動 力学 選択
放物運動、はね返り係数 力学 選択
等速円運動 力学 選択
力のつり合い、水圧 力学 選択
ドップラー効果、うなり 波動 選択
屈折 波動 選択
気体分子運動論 熱力学 選択
気体の状態変化 熱力学 選択
10 電圧計 電磁気 選択
11 コンデンサー、ガウスの法則 電磁気 選択
12 コイルに生じる誘導起電力 電磁気 選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
エレベーターの運動、慣性力 力学 選択
剛体のつり合い 力学 選択
衝突、摩擦 力学 選択
浮力、円運動、重心 力学 選択
熱量保存、気体の混合、気体の状態変化 熱力学 選択
ドップラー効果 波動 選択
波の式 波動 選択
光の屈折 波動 選択
電磁場中の荷電粒子の運動 電磁気、力学 選択
10 電気振動 電磁気 選択

傾向と対策

大問数は10題~14題です。出題分野は力学、熱力学、電磁気、波動の順に多く、原子の範囲からは出題されていません。あまり出題されないような分野からの設問もありますので、満遍なく学習してください。難易度は高くなく、基本的~標準的な問題が多いです。典型的な問題を速く正確に解けるような対策をすると良いです。具体的には、標準的な問題を繰り返し解くことをおすすめします。また、正誤問題が出題されます。教科書に載っている事項はよく理解しましょう。

化学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
理論11題、無機3題、有機6題 小問集合20題 選択
熱化学、溶解度積、燃料電池 理論 空所補充・選択
糖類、凝固点降下、アルケンの反応 理論、有機 空所補充・選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
小問 27題 - 空所補充・選択
(A)気体の性質 (B)溶液の性質、濃度 無機・理論 空所補充・選択
(A)化学平衡と反応エネルギー (B)有機物の性質 理論・有機 空所補充・選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
小問 22 題 - 空所補充・選択
反応速度、中和、酸化還元 理論 空所補充・選択
選択(A)アミノ酸、(B)デンプン、セルロース 有機 空所補充・選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
小問30題 - 選択
中和・電池 理論 選択
化学結合・熱・タンパク質 総合 選択

傾向と対策

毎年大問数は3題です。そのうち1題は小問集合で、幅広い範囲から出題されます。全範囲を満遍なく学習しておきましょう。大問は、生命化学に関する問題が頻出です。DNAやRNA,糖やたんぱく質などの分野はよく学んでください。設問のほとんどは基本的~標準的な難易度ですが、生命化学の範囲では、一部の資料集や図説にしか載っていないような知識も問われることがあります。また、計算問題や元素分析の問題が出題されます。問題数が多く、試験時間が足りなくなることもありますので、試験中は時間配分に注意し、解き易い問題から解くようにしてください。

生物

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
押しつぶし法、細胞周期 細胞と遺伝子、生命現象と物質 選択
肝臓、腎臓 生物の体内環境の維持 選択
血糖調節 生物の体内環境の維持 選択
呼吸 細胞と遺伝子、生命現象と物質 選択
地質時代、生物の変遷 生物の進化と分類 選択
酵素 細胞と遺伝子、生命現象と物質 選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
細胞膜、神経細胞、減数分裂、母性因子 - 選択
水晶体の再生、二次胚、神経誘導 生殖と発生 選択
伴性遺伝、組換え 生殖と発生 選択
ABO式血液型、Rh式血液型、ハーディ・ワインベルグの法則 生殖と発生・生物の進化と分類 選択
栄養段階、生態系の会計、エネルギー効率、バイオーム、水平分布 生物の多様性と生態系・生態と環境 選択
活動電位、興奮の伝達、閾値、伝導速度 生物の環境応答 選択
ラクトースオペロン、CAP、遺伝子組換え、ブルーホワイトセレクション 生命現象と物質 空所補充・選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
光合成 環境と植物の反応・生命現象と物質 空所補充・選択
眼の発生、水晶体の発生メカニズム 生命の連続性・生命現象と物質 選択
骨髄移植、HLA、造血幹細胞 生命現象と物質 選択
体液性免疫、遺伝子の再構成、二次応答、沈降線 生命現象と物質 選択
窒素循環、炭素循環、物質収支、窒素同化 生物の集団 選択
DNA、転写、翻訳 遺伝・生命現象と物質 選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
細胞、発生、遺伝、刺激と反応、内部環境の恒常性、代謝、進化、分類 - 選択
ZPAによるニワトリ指の誘導 発生 選択
フェニルケトン尿症、遺伝子導入 遺伝子 選択
DNAの塩基の割合、制限酵素のhit数 遺伝子 選択

傾向と対策

大問数は毎年6題~7題で、すべてマーク式です。植物の範囲を含め、幅広い分野から満遍なく出題されますが、その中でも、遺伝、神経と筋肉、代謝の分野は頻出です。基本的~標準的な設問が多いですが、思考力を求められる考察問題もあります。やや難易度の高い問題も学習しておくと安心です。正誤問題が出題されます。教科書に載っているような事項や用語についてはよく理解してください。問題量が多めなので時間配分にも気をつけましょう。

小論文

実施しない

面接

2016年度

形式:集団討論、個人
時間:集団討論:15分、個人面接:3分×4回

会場の配置
(集団討論)面接官:2名、受験生:3~4名、(個人)面接官:1名、受験生:1名

質問内容
(集団討論)
・グラフを見て討論し、代表者が結論を面接官に伝える。テーマは「救急車の出動回数」「自殺者数」「介護について」など。

(個人)
・3分間の面接が4回、部屋を変えて行われ、それぞれ1つのテーマについて質問される。テーマは「8コマの物語を見て登場人物の心情を答える」「複数の時事用語から3つ選んで説明する」「イラストを見て、言葉による説明だけで同じものを第三者に描かせる」「治療を拒む患者をどう説得するか」など

2015年度

形式:集団討論、個人
時間:集団討論15~20分、個人3分4回

会場の配置
集団討論)面接官:2名、受験生:3~4名、個人)面接官:1名、受験生:1名

質問内容
・与えられたテーマについて討論し、結論を面接官に伝える。(集団)
・絵を見て登場人物の心情を答える
・自分が好きな授業形式とその理由
・介護施設に入りたがっている高齢者に対して、スタッフだとしたらどう接するか
・今まで最も苦労したこと、その対処法

その他
個人面接は3分間の面接が4回、部屋を変えて行われ、それぞれひとつのテーマについて質問される。

2014年度

形式:集団討論、個人
時間:集団討論15~20分、個人3分4回

会場の配置
集団討論)面接官:2名、受験生:3~4名、個人)面接官:1名、受験生:1名

質問内容
・与えられたテーマについて討論し、結論を面接官に伝える。(集団)
・女の子と赤ちゃんの絵を見て、女の子は何と言っているか、女の子の口調で答える
・囲碁や将棋の感想戦についてどう思うか、その意義について
・理不尽な思いをした経験と、それをどう克服したか。その経験を医療にどう活かせるか
・婚外子の遺産相続についての判決について
・1患者1カルテ制についての考え
・今まで最も苦労したこと、その対処法

その他
個人面接は3分間の面接が4回、部屋を変えて行われ、それぞれひとつのテーマについて質問される。

2013年度

形式:集団討論、個人
時間:集団討論20分、個人20分

会場の配置
集団討論)面接官:2名、受験生:3~4名、個人)面接官:2名、受験生:1名

質問内容
・「認知症の可能性がある84歳の女性を医療の進んでいない村でどう対処するか」等のテーマについて、与えられたテーマについて意見を述べ合う(集団)
・医師志望理由
・本学志望理由
・併願校について
・高校生活について
・自分の子どもに遺伝子疾患があると検査でわかったらどうするか
・合格後、入学までの1か月何をするか
・アルバイトに遅れそうなときに、困っている友達がいたらどうするか

医学部 無料受験相談

PAGETOP