E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 大阪医科大学医学部 受験対策・勉強法

大阪医科大学医学部 受験対策・勉強法

大阪医科大学に合格したい受験生必見!大阪医科大学合格に必要な受験対策、勉強法についてご紹介。入試問題の傾向と対策から「いつまでになにをどのように」勉強すればいいかまで、武田塾メディカルが全公開!

 

英語

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
「電子書籍にない紙の本の利点」についての長文問題 人文・社会計(約750語) 記述
「コレラの感染源の特定」についての長文問題 医療系(約600語) 記述
和文英訳 英作文 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
「欺くことで感じる罪悪感」についての長文問題 人文系(約700語) 記述
「人が人である証拠」についての長文問題 人文系(約650語) 記述
和文英訳 英作文 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
「論理的知識と対照的な常識というもの」についての長文問題 人文系(約750語) 記述
「赤ん坊が持つ脳の力」についての長文問題 科学系(約550語) 記述
和文英訳 英作文 記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
「現代における情報処理と人間の記憶」についての約600語の長文問題 読解 記述
「人間の同情心と利己心及び自己防衛」についての約450語の長文問題 読解 記述
和文英訳 英作文 記述

傾向と対策

長文2題(英文和訳7問)と英作文が出題されます。的確な単語を選択すると同時に、解りやすい文章を作るよう心がけてください。正確に伝えるために、できるだけ本文は読み、内容を理解しましょう。出題形式が変わらないので、過去問演習がとても役立ちます。英単語はどの訳が最も適しているのか、どのような文法事項を確認しているのかなど、出題者の意図を考えながら、過去問をできるだけ多く演習し、よく理解してください。

数学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
最大最小 微分法の応用 記述
互除法、漸化式 数列 記述
方程式の実数解 微分法の応用 記述
回転体の体積 積分法の応用 記述
カードに関する確率 確率 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
数列の和、余りが等しいことの証明 数列、整数 記述
三角形の相似の証明、円の接線と直線の交点、3 点が一直線にあることの証明 平面ベクトル 記述
2曲線の共通接線、グラフの図示、方程式の実数解 図形と方程式、微分法 記述
楕円と直線、回転体の体積 式と曲線、積分法 記述
確率漸化式 確率、数列 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
漸化式、加法定理、数列の極限 極限 記述
不等式の証明、3 変数の相加相乗の不等式 式と証明 記述
楕円の接線、点と直線の距離 2次曲線 記述
恒等式 積分法 記述
カードの確率 確率 記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
三角形の垂心のベクトル 平面上のベクトル 記述
無理数と整数問題 数列 記述
関数の不等式と三角関数の極限 極限 記述
三角関数の積分と最小値 積分法 記述
くじ引きの確率と期待値 場合の数と確率 記述

傾向と対策

大問数は5題で、すべて記述式です。試験時間は100分と長めなので、時間をかけ念入りに考えて解答できます。微分積分、空間ベクトル、数列の問題は頻出です。証明問題も出題されますので学習しておきましょう。難易度は標準的ですが、典型的でない設問が多いです。初めて見る問題にも対応できるように、多くのパターンを身に付けてください。また、記述式なので解答をつくる練習が必要です。過去問と似たような問題、似たような考え方をする問題が出題されることがありますので、過去の入試問題は演習しておくと良いです。

物理

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
単振り子、円運動、等加速度運動 力学 記述
平面鏡を用いた干渉 波動 空所補充・記述
非オール抵抗回路 電磁気 空所補充・記述
送電線の電力損失、人工衛星の周期、物理量の次元、 小問集合 選択・記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
ケプラーの第三法則、電位、電力輸送、水圧と断熱変化 小問 記述
放物運動、床との衝突 力学 空所補充・記述
気柱の共鳴、気体の状態変化 波動 記述
電流のつくる磁場、電磁誘導 電磁気 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
熱量保存の法則、電場と電位、重心、アルキメデスの原理 小問 記述
フレネルゾーンプレート 波動 空所補充・記述
放物運動、はね返り係数 力学 空所補充
磁場中での導体棒の運動、キルヒホッフの法則 電磁気 選択・記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
衝突、放物運動 力学 記述
ドップラー効果 波動 空所補充
ブリッジ回路、自己誘導、相互誘導 電磁気 空所補充
パスカルの原理、アルキメデスの原理、弦、共振回路 小問 記述

傾向と対策

毎年大問数は4題で、そのうち1題は小問集合です。試験時間に対して問題量が多いので、時間配分に気をつけてください。基本的なものから、やや難しい設問まであります。解き易い問題から解いていくことをおすすめします。力学と電磁気はよく出題されるので、終点的にしっかり学習してください。また、誘導がある設問もあります。素早く題意をつかみ、誘導にうまくのる練習をしておくと良いです。典型的でない問題もありますが、落ち着いて考えると解答できる問題がほとんどです。

化学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
電子の副軌道 理論 空所補充・記述
金属の反応と電池 理論 記述
酸化還元滴定 理論 選択・記述
天然有機化合物、透析の操作 有機 空所補充・記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
硫酸銅(Ⅱ)五水和物の溶解度 理論 記述
フェノールフタレインの生成 有機 選択・記述
ビタミンC、ヨウ素滴定 理論・有機 選択・記述
アミノ酸の陽イオン交換樹脂による分離 有機 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
溶解度積 理論 空所補充・記述
電気分解、電子の平均速度 理論 記述
カルボン酸ナトリウム塩 有機 記述
アニリンの合成 有機 空所補充・選択・記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
鉄と硫黄の反応 無機 選択・記述
アミノ酸 有機 記述
脂肪族化合物 有機 選択・記述
イオン交換樹脂 理論 記述
医薬品 有機 空所補充・記述

傾向と対策

大問数は4題です。理論化学と有機化学からの出題が多いです。その中でも特に化学平衡と酸化還元は頻出です。計算問題が出題されますので、繰り返し練習し計算力をつけてください。また、論述問題も出題されます。重要な用語は簡潔に説明できるよう練習しましょう。教科書以上の知識が求められる設問があります。受験用の参考書や問題集を使って学習すると良いです。過去問の演習も大切です。

生物

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
視覚 生物の環境応答 空所補充・記述
遷移、光合成速度 細胞と遺伝子、生物の多様性と生態系、生命現象と物質 空所補充・記述
DNAの複製 細胞と遺伝子、生命現象と物質 空所補充・記述
エキソサイトーシス、胚葉、能動輸送、細胞接着 生命現象と物質 記述

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
進化論、ハーディ・ワインベルグの法則 生物の進化と分類 空所補充・選択・記述
だ腺染色体、染色体地図 生命現象と物質・生殖と発生 空所補充・記述
酵素、呼吸、呼吸商、インスリンの構造、腎臓 細胞と遺伝子・生物の体内環境の維持・生命現象と物質 空所補充・記述
ゾウリムシの運動、細胞骨格 生物の環境応答・生命現象と物質 記述

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
好気呼吸、光合成、ストロマトライト 生命現象と物質・生物の進化と分類 空所補充・記述
ラクトースオペロン、遺伝子組換え 生命現象と物質 空所補充・記述
アフリカツメガエルの初期発生、中胚葉誘導、目の形成 生命の連続性・生命現象と物質 空所補充・記述・ 描図
様々な生物の浸透圧調節 環境と動物の反応 空所補充・記述

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
筋肉、伝導速度、中枢神経 刺激の反応と受容 空所補充・記述
DNAの発見 遺伝子 空所補充・記述
窒素の循環、相互作用、膜輸送、異化 タンパク質と生物体の機能・生態系 記述
シクリッドの右利き左利きの遺伝、行動 遺伝・刺激の反応と受容 空所補充・記述

傾向と対策

大問数は4題です。遺伝、動物の反応、遺伝、代謝の分野は頻出です。また、生態系の分野からもよく出題されます。難易度は高くなく、基本的~標準的な問題が多いですが、考察問題はやや難しい設問もあります。基礎力をつけつつ、やや難しい考察問題を繰り返し練習して慣れておきましょう。計算問題や論述問題も出題されます。しっかり演習し、計算力と論述力をつけてください。時間に余裕があることが多いので、時間が余ったら見直しをすると良いです。

小論文

内容:公表不可

面接

2016年度

形式:集団
時間:15~20分

会場の配置
面接官:3名、受験生:3名

質問内容
・本学志望理由
・高校生活、部活動について
・併願校について
・大学で勉強以外に何がしたいか
・小論文の内容について事前に大学のアドミッションポリシー等をまとめた資料が配られ、それを読んでどう感じたか質問される。

2015年度

形式:集団面接
時間:15~20分

会場の配置
面接官:3名、受験生:3名

質問内容
・本学志望理由
・高校生活、部活動について
・併願校について
・大学で勉強以外に何がしたいか
・小論文の内容について

その他
小論文の後、併願状況等について事前にアンケート記入がある。

2014年度

形式:集団面接
時間:15~20分

会場の配置
面接官:3名、受験生:3名

質問内容
・本学志望理由
・高校生活、部活動について
・併願校について
・小論文の内容について

その他
小論文の後、併願状況等について事前にアンケート記入がある。

2013年度

形式:集団面接
時間:15分

会場の配置
面接官:3名、受験生:3名

質問内容
・本学志望理由
・高校生活、部活動について
・併願校について
・小論文の内容について

その他
併願状況等について事前にアンケート記入がある。

医学部 無料受験相談

PAGETOP