E判定からでも医学部に逆転合格!医・歯・獣医学部専門の武田塾メディカルの医学部情報対策・勉強法サイト 東京医科大学医学部 受験対策・勉強法

東京医科大学医学部 受験対策・勉強法

東京医科大学に合格したい受験生必見!東京医科大学合格に必要な受験対策、勉強法についてご紹介。入試問題の傾向と対策から「いつまでになにをどのように」勉強すればいいかまで、武田塾メディカルが全公開!

 

英語

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
発音 発音 選択
空所補充 文法 選択
語句整序 文法 選択
「老年的超越という現象を感じる高齢者たち」についての長文問題 社会系(約700語) 選択
「アフリカ象を分類することの重要性」についての長文問題(内容真偽) 科学系(約800語) 選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
発音 発音 選択
空所補充 文法 選択
語句整序 文法 選択
「実際に経験することの大切さ」についての長文問題 読解 選択
「日本の臓器提供」についての長文問題 読解 選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
アクセント 発音 選択
空所補充 文法 選択
空所補充 会話文 選択
「夫の自宅介護についての妻の葛藤」についての医療系約400語の長文問題 読解 選択
「身ぶり言語が世界を1つにする」についての人文的約600語の長文問題 読解 選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
発音 発音・アクセント 選択
空所補充 文法 選択
空所補充 会話文 選択
「高齢者とペット飼育」についての約500語の長文問題 読解 選択
「オリバーの脱ジャンクフードへの挑戦」についての約400語の長文問題 読解 選択

傾向と対策

すべて選択問題で、大問数は毎年5題です。形式は年によって多少異なり、2015年は内容の真偽を答える問題が20題から30題に増え、長文の単語数が450単語程度増えました。試験時間は60分と短めです。時間が不足しがちなので、時間配分に気をつけて解きましょう。内容の真偽を答える問題は、本文を全て読まなくても必要な部分さえ見つけられれば解答できます。必要な部分を見つけ出す練習をしておくと安心です。対策は、時間配分と内容の真偽問題を中心に学習すると良いです。

数学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
ベクトルの内積、関数の極限、解と係数の関係 極限、2次方程式 空所補充
ベクトルの内積、放物線と円 平面ベクトル、図形と方程式 空所補充
微分可能になる条件 微分法 空所補充
面積、回転体の体積 積分法の応用 空所補充

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
ベクトルの大きさ、放物線の接線 平面ベクトル、図形と方程式 空所補充
定積分の計算、面積、相加相乗の不等式 積分法 空所補充
2 点間の距離の最小値 空間ベクトル 空所補充
三角方程式、面積 三角関数、積分法 空所補充

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
2 次曲線の接線、2 変数関数の最大値 2次関数、図形と方程式 空所補充
内積の最大最小、区分求積、はさみうち 平面ベクトル、極限 空所補充
双曲線の接線、回転体の体積 微・積分法 空所補充
逆関数、面積 図形と方程式 空所補充

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
数学的帰納法を利用した漸化式、半角の公式と3倍角の公式 数列、三角関数 空所補充
放物線の法線、平均値の定理と対数不等式 微分法、微分法の応用 空所補充
楕円の方程式と内積の最大値 式と曲線 空所補充
分数関数の最大値と面積 微分法・積分法 空所補充

傾向と対策

試験時間は60分で、大問数は4題です。時間が足りなくなることが多いので、正確な計算力が必要です。幅広い範囲から出題されますが、特に微分積分、数列、極限、ベクトル、図形と方程式は頻出です。難易度としては、基本~標準レベルの典型的な問題が多いですが、一部思考力を求められる問題も出ます。また、誘導がないのが特徴です。対策では、典型的な問題については解法を覚え、要領よく解くことをおすすめします。見た目より時間がかかる設問もありますので、時間配分にも気をつけましょう。

物理

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
重心 力学 選択
物体の衝突 力学 選択
摩擦がある斜面での運動 力学 選択
電界(電場)と電位 電磁気 選択
磁場中の導体棒の運動、電磁誘導 電磁気 選択
RLC 直列回路 電磁気 選択
熱力学の第一法則、熱効率 熱力学 選択
複スリットを用いた光の干渉 波動 選択
水素原子のスペクトル系列 原子 選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
重心 力学 選択
放物運動 力学 選択
水平面内の円運動 力学 選択
コンデンサー 電磁気 選択
平行電流間にはたらく力 電磁気 選択
コンデンサーを含む直流回路、電気振動 電磁気 選択
気体の混合 熱力学 選択
くさび形空気層による光の干渉 波動 選択
X線の発生、光の粒子性 原子 選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
a - t グラフ 力学 選択
衝突、単振動 力学 選択
電場と電位 電磁気 選択
キルヒホッフの法則 電磁気 選択
コイルに生じる誘導起電力 電磁気 選択
気体の状態変化、熱効率 熱力学 選択
波のグラフ、反射波・合成波 波動 選択
回折格子による光波の干渉 波動 選択
光電効果 原子 選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
万有引力による運動 力学 空所補充
電磁場中の電子の運動 電磁気 空所補充
気体の状態変化 熱力学 空所補充
薄膜による干渉 波動 空所補充
放射線 原子 空所補充

傾向と対策

毎年大問数は9題です。全範囲から出題され、原子からも出題されます。力学と電磁気学の分野からの出題が多いです。頻出分野を中心に、漏れの無いよう幅広く学習してください。問題の難易度は易しめですが、問題数と計算量が多いので時間配分が重要です。基本的~標準的な問題をよく演習しましょう。煩雑な計算を含む問題も毎年見られます。高得点を狙う方は、計算を工夫したり、解く順序についても対策すると良いです。

化学

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
理論3題、有機2題 小問集合5題 選択
中和滴定 理論 選択
硫酸を用いた化学反応 無機、有機 選択
脂肪族化合物 有機 選択
浸透圧、多糖、難溶性塩の沈殿 無機、理論、有機 選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
小問集合 - 選択
溶解度と濃度 理論 選択
相対質量と存在比、同位体、半減期 理論 選択
気体の発生 無機 選択
ペプチドの構造決定 有機 選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
小問 - 選択
アンモニア水の電離平衡 理論 選択
イオンの分離、結晶格子 無機 選択
硫酸銅の電気分解 理論 選択
C3H6Oで表される有機化合物 有機 選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
小問 - 選択
小問 - 選択
窒素化合物 無機 選択
イオンの分離 無機 空所補充・選択
油脂 有機 選択

傾向と対策

大問数は毎年5題で、すべてマーク式です。難易度は高くありませんが、問題量が多く制限時間60分で解ききることが難しいです。対策の際には時間を意識しましょう。また、小問にある正誤問題は、誤りがない場合があるので注意が必要です。自信を持って答えられるよう、正確な知識を身につけてください。もし解らなくても、時間をかけすぎないことが大切です。幅広い範囲から出題されますが、特に生命化学の分野は頻出です。頻出分野を中心に、典型的な問題を繰り返し演習すると良いです。

生物

2016年度

番号 分野 範囲 解答形式
生物の相互作用、生得的行動、真核細胞、活動電位、遺伝子突然変異 小問集合 選択
循環系、酸素解離曲線 生物の体内環境の維持・生物の進化と分類 選択
タンパク質、細胞骨格、コハク酸脱水素酵素 生物の体内環境の維持、 選択
染色体突然変異、遺伝的スクリーニング、分節遺伝子、組換え価 生命現象と物質 選択

2015年度

番号 分野 範囲 解答形式
小問集合 遺伝、ニューロン、生存曲線、減数分裂、免疫 選択
呼吸、血糖調節 生物の体内環境の維持・生命現象と物質 空所補充・選択
交換移植、神経誘導、中胚葉誘導 生殖と発生 空所補充・選択
分子時計 生物の進化と分類 空所補充・選択

2014年度

番号 分野 範囲 解答形式
ホルモン、細胞、酵素、ATP、植物群系 小問 選択
神経、シナプス後電位 環境と動物の反応・ 生命現象と物質 選択
重複受精、植物ホルモン、自家不和合性、遺伝 生命の連続性・遺伝 空所補充・選択
トリプトファンオペロン、ラクトースオペロン、 遺伝子組換え、真核生物の転写調節 生命現象と物質 空所補充・選択

2013年度

番号 分野 範囲 解答形式
顕微鏡、古細菌、心臓、筋肉、個体群 小問 選択
血液凝固、集団遺伝、肝臓の再生とセロトニン 内部環境の恒常性・タンパク質と生物体の機能・遺伝子 空所補充・選択
同化と異化、エネルギー収支 タンパク質と生物体の機能・生物の集団と環境 空所補充・選択
ウニの16細胞期の分割、カエル背腹軸の決定 発生 選択

傾向と対策

例年大問数は4題です。そのうち1題は小問集合で、正誤問題などが出題されます。1つの問題の中にいくつかの分野が含まれていることがあります。過去問を見てどのような問題が出題されるのかを確認してください。読解力やグラフ、数値を理解する力が求められます。問題文が長いものが多いですが、必ずしも全て読む必要はありません。過去問を演習して解き慣れることが大切です。遺伝や実験を考察する問題は比較的難易度が高めです。発展的な問題も解けるように学習しましょう。

小論文

内容:公表不可

面接

2016年度

形式:個人
時間:10~15分

会場の配置
面接官:3名、受験生:1名

質問内容
・医師志望理由
・目指す医師像
・どんな大学生活を送りたいか
・高校生活について
・最近の気になるニュース
・今までで一番嬉しかったことは何か
・調査書の内容について
・これまでに勉強以外で取り組んできたこと
・リーダーに必要なもの

2015年度

形式:個人
時間:10~15分

会場の配置
面接官:3名、受験生:1名

質問内容
・医師志望理由
・目指す医師像
・高校生活について
・倫理観の違う者同士はどう分かり合えばいいか
・最近の気になるニュース
・今までで一番嬉しかったことは何か
・調査書の内容について

2014年度

形式:個人
時間:10~15分

会場の配置
面接官:3名、受験生:1名

質問内容
・医師志望理由
・目指す医師像
・高校生活について
・倫理について
・絆について
・いじめについてどう思うか
・調査書の内容について

2013年度

形式:個人
時間:10~15分

会場の配置
面接官:3名、受験生:1名

質問内容
・医師志望理由
・目指す医師像
・高校生活について
・医療の倫理についてどう考えるか

医学部 無料受験相談

PAGETOP